「なんとなしにラジオを聞いてて、流れてきた音楽にウッカリ感動したことがある」そんな人は、このスピーカーが好きだと思う

すごく恥ずかしいし、これを告白することが、このスピーカーを紹介する記事でなんの意味があるのか自分でもよくわからないけれど……まあいいや。

坂本九の『上を向いて歩こう』

オーティス・レディングの『ドック・オブ・ベイ』

ヤズーの『オンリー・ユー』

ロン・セクスミスの『シークレット・ハート』

サム・スミスの『ステイ・ウィズ・ミー』

これは、僕が「ラジオから不意に流れきて、ウッカリ涙を流しそうになったことある曲」のリストです。覚えてないだけで、ほかにもあるかも。

普段からApple MusicやSpotifyで音楽を聞いているけれど、ウッカリ涙を流しそうになったことはありません。ラジオよりも絶対に音はいいはずなのに。思うにラジオの、あのちょっぴりノイジーな音には、センチメンタルな気分に浸るための魔法がかかっているんじゃないか。音楽ってクリアな音で聞けばいいのかっていうと、そうでもなくって、ザラついたラジオやカセットの音が恋しい時があったりします。

えーと、本題へ。

このワイヤレススピーカーは、ラジオみたいな音が楽しめるのが魅力です。

©2019 NEW STANDARD

使い方は超カンタン。写真のように、スピーカーの上にスマホを置いて音楽を再生する。以上。Bluetoothのペアリングなど、煩わしいことは一切ナシ。

なんでもスマホから出る磁力をキャッチして音を増幅させる仕組みだそうです。ゆえに、ちょっとでも置くポジションがズレると魅惑のノイズが発生するというわけ。なお、ベストなポジションに置いた場合、ノイズは気になりません。むしろ、ベスポジに置いて高音質を楽しむのが正しい使い方ですが、僕はわざとちょっとだけズラしてラジオっぽい音を楽しむようにしています。野外でロックステディとか流すと雰囲気が出てサイコーです!

おっと、忘れるところだった。メーカーはFLUX(フラックス)。実勢価格2970円。amazonでも楽天でもすぐに見つかりますよ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
Airoは離れた土地のツイートを音声に変換してくれるラジオです。でも音質は良くない。無意味に思えるこのラジオ、真意が裏側に隠れていました。
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
多くの人が運動不足にアタマとカラダを悩ませている今、『みんなで筋肉体操』でおなじみの谷本道哉さんが考案した「超ラジオ体操」が話題!
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」は、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと、大学生8名を対象に「ラジオを聴き続けると脳...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
パーティーで騒ぐのも、コーヒーを飲みながらゆっくりするのも、どっちも好き!