「好きだから、消えて欲しい」。なぜそんなことを思うんだろう?

大好きな人、大事な人にはもちろん幸せでいて欲しい。それなのに、深い深い心の奥底、誰にも知られていないようなその場所で、恋人や親友、家族の死を想像してなぜか安らかな気分になってしまうことってない?

そして「こんなことを考える自分は、異常なんじゃないか、ひどい人間なんじゃないか」と思ったり。

「食べちゃいたいくらい可愛い」とか「好きすぎて怖い」「殺したいくらい好き」っていうのにちょっと似ているのかも。彼らが日常から忽然といなくなることを想像して、ほんの少しだけ安らぐような不思議な気分になることがあるのだ。それってもちろんとっても悲しいことのはずなんだけど、それなのになぜこんな気持ちになるんだろう。

…実は「The School of Life」の動画によると、 こういう気持ちは意外と理にかなったことなんだって。

"好きな人の破壊力"がコワい

好きな人に「いなくなって欲しい」と思うこの心理。一見悪いことのようだけど、カウンセラーやセラピストといった、他の人の心の奥に一般よりもよく触れる仕事をしている人からすると、「優しくて、繊細で、話も面白いような人」ほどこういったことを言い出すものなんだって。

人と親密な関係になると、高確率でどんどん「アンビバレンス」と呼ばれる心理状況になってゆく。ネガティブな感情とポジティブな感情、つまりは矛盾する2つの感情が深く入り混じる心の状態

ある人の存在が自分の中でどんどん大きくなってゆくと、その人にいつもいつも自分の心を注ぎ込むことになっていく。

だから莫大な感情とエネルギーを使うし、その人に寄りかかりすぎちゃって、その人を好きなせいで、毎日、とても大変になってしまう。深く愛せば愛すほど、同時に暗い気持ちを抱きやすくなるのだ。

そしてしまいには、怖くなる。好きなのに、好きだから。

彼らは他の人にはとてもできないような感情の揺さぶりを平気でこっちにかけてくるし、「惚れた弱み」って言葉の通り、こっちにとっちゃ、いってしまえば彼らが一番の「弱点」なのだ。彼らは僕らを喜ばせることができるけど、同じくらい些細なことで落ち込ませることもできるんだもの。

"強い感情"から逃れたい

つまりはこんな「好きすぎて苦しい」状態からなんとか逃れたいがために、僕らは頭の中でこっそり彼らを消してみるわけだ。もちろん、消えて欲しいと思ったって実際に行動に移そうなんて人は滅多にいないけど。

それどころか準備すらしない。やっぱり彼らが大事なので、毒を買ったり、嵐の夕方に崖の周りを散歩させたりなんてことすらしない。

でも奇妙なことに、それでも確かに好きな人の死に、安らぎや安心感や、ある種の救いを見出す場合があるのだ。

とはいえ、想像は具体的な計画とは全く違うもの。それくらいなら僕らの現実の価値観とか意図とは関係ないといって良い。これは背負いきれない感情から逃れるためのいっときの逃避なのだ。心の底から死んで欲しいと思っているわけではなくて、その根っこには、人と心から触れ合うことや、人を大事にすることはとても大変でリスクもあるから、それが怖くてこんなことを思ってしまうという背景がある。

本当に人を愛するというのは、恐ろしいことなんだ。

僕らは相手に対して、常に心を費さずにはいられない。だって愛するっていうのはきっと、その人の存在に、常に注意を払うことだから。

Licensed material used with permission by The School of Life
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
燃えるような日々も、いつかはロウソクの灯火に。恋愛感情が冷めていく過程とは、往々にしてそんなもの。相手と会話をしているときにスマホの画面を眺めていたり、恋...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。ここでは年上男性...
好きな人に振り向かれたり誰かに「好き」と言われると途端に信じられない、気持ち悪くなる、逃げたくなる。そんな心理の原因は、自分への自身のなさにあるのかも。自...
駆け引きだったり、自信なかったりで、好きな人に告白できない女性に向けて、「YourTango」の恋愛コーチライターが伝授する、男性を振り向かせる告白。
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。男性が女性にやきもちをやく原因は、何なのでしょう。行動や言葉じゃ分かりづらいですが、その時の男性...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
明日はホワイトデーだから、プレゼントもずっと前から用意している。そんな男性は、素敵だと思う。ただ、そのプレゼント本当に大丈夫?女性たちの生の声、集めました...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
本当に恋人を大切にしてくれる男性「15のサイン」をご紹介。