「好かれると逃げ出したくなる」。その気持ちの正体を、詳しく。

愛し愛されたいと思うくせに、なぜか、いざ「好き」と言われると、途端に冷めたり、気持ち悪く感じたり、なんだか申し訳なくなって逃げたいと思う

なんでこんな気持ちになるんだろう、どうしたらうまくいくんだろう?相談してみても、「贅沢だね」「せっかく好かれてるのに」などと返されて、ますます悩んだり。

そこで「The School of Life」の動画から、そんな気持ちの正体と対処法を詳しくみてみよう。当事者には、まさに「グサグサ刺さる」1本のはず。

"自信がないから"
信じられない

好かれるとイヤになるのは、自分に向けられる好意を信じられないからかもしれない。自分を「好き」といってきたとたん、なんとなく相手が安っぽく、嘘っぽく見えてくる。

なんでかというと、ズバリ、自分を評価するのに慣れていないから。つまり、自分のことを「そこまで良いもんじゃない」と思っているのがその原因。

「大したことない自分」を、相手が「異常に高く」評価するものだから、「この人は、上っ面だけをみているんじゃとか、「こんな私を好きになるなんておかしい」とか、「勝手なフィルターをかけて、過大評価して、恋に恋してるんじゃ」と思ってしまうのだ。

自分をそこまで好きになれないのに、相手に目一杯愛されると、愛は途端に受け取りづらく、胡散臭く、重苦しいものになってしまう。

"不安だから"
揺さぶりたくなる

そうして、どうにも関係を信頼できないものだから、「こんなにとんでもない人なんだよ、あなたが思っているような人じゃないんだよ」とでも言わんばかりに、わざと心配させたり、ひどいことをしてしまうこともある。

だって、あんまりうまく行きすぎると、怖いから。

そのせいで辛い別れになることもあるけれど、正直、同時に心のどこかでは「より深く傷つく前に終わらせられた」と思って、歪んでいるとは認識していながらも、なぜか少し、救われた気になったりして。

じゃあ、どうしたら良いの?

それじゃ、効果的な対処法は…というと、とりあえず言えることといえば、「自分にゆるく」くらいかもしれない。つまりは「自分も案外、見方によっては良いところがあるみたいだなぁ」と思うこと。これって、結構大事じゃない?

注がれる愛情について、その恋人が間違っているとか、他に相手がいないから手頃な人を捕まえているんじゃとか、そんなに複雑なことは考えなくていい。

相手が他でもないあなたを愛してくれるのは、あなたが何か、たとえ小さくても何か惹かれるものを持っていて、相手にはそれがたまたま見えた、というだけのサインなんだから。

自分が気づかずに捨てたものでも、相手は見つけて、大事に思ってくれているのかもしれないし、自分の知らない、気づかなかった面の存在を知ることができるのも、恋の楽しみかもしれないよ。

Licensed material used with permission by The School of Life
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか?彼女を大切にしている彼氏は、LIN...
メールが来なかったり、遠距離で気持ちが分からなかったり。彼氏からの愛情表現が足りないと思う機会が増えた、と悩んでいる女子も多いのでは。大好きな彼氏からの愛...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
大好きな人と付き合い始めたら、ついつい盲目になってしまって彼氏のことしか見えなくなってしまいますよね。彼氏のことを大好きで幸せすぎるがあまり、とんでもない...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
男性の皆さん、愛情表現してますか?そんなこと、「言われなくとも」なのは百も承知。けれど、知らぬ間に二人のあいだに巣食うのが「誰よりも知っている」「愛されて...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...