DJになった気分!「次世代スピーカー/ラジオ」がすごい

「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトした日本初上陸のスピーカー「OB‐4 マジックラジオ」が、国内での先行販売をスタートした。

このスピーカー、ただ高品質なサウンドで再生するだけが取り柄ではない。

スクラッチしたり音を巻き戻したりして、DJコントローラーのような直感的な操作が楽しめるのだ。スロー再生ループ再生も指先で簡単に調整ができる。

再生された曲はすべて自動録音されるので、ラジオを聴いているときに「さっきの曲をもう一度流したい」と思ったら巻き戻して再生、なんて使い方もできて、聴き逃しの心配もナシだ。

Bluetooth対応で最長で72時間の連続再生が可能という使い勝手の良さもGOOD。価格はブラック 6万円(税抜き)レッド7万2000円(税抜き)となっている。

今よりもっと自由に音を楽しめる魔法のようなスピーカーはコチラから購入が可能。「MoMA Design Store 表参道」では実物も展示中だ。

©株式会社ロフト
©株式会社ロフト
Top image: © 株式会社ロフト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」は、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと、大学生8名を対象に「ラジオを聴き続けると脳...
多くの人が運動不足にアタマとカラダを悩ませている今、『みんなで筋肉体操』でおなじみの谷本道哉さんが考案した「超ラジオ体操」が話題!
すごく恥ずかしいし、これを告白することが、このスピーカーを紹介する記事でなんの意味があるのか自分でもよくわからないけれど……。
Airoは離れた土地のツイートを音声に変換してくれるラジオです。でも音質は良くない。無意味に思えるこのラジオ、真意が裏側に隠れていました。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
おうち時間が増えたなら、「サウンド環境」も見直してみては?バルミューダ、イケア、バンクシーデザインなど、機能だけじゃなく「インテリア」としてもオシャレでか...
東京・原宿の「CASE W」にできた「HERMÈS(エルメス)」のメンズの世界観を“ラジオ”を通して表現する「ラジオエルメス」のポップアップ・ステーション...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。