青春と音楽。変わりゆく「視聴スタイル」。

青春時代に聴いていた音楽は、大人になっても耳に残っているほどの思い出。それは、楽曲だけでなく、レコードやカセットテープ、CD、MDなど、“形”と共に記憶されていたりもします。少なくとも、ある一定以上の世代にとっては──。

しかし、「Digital Music News」に掲載されたPaul Resnikoffさんの記事を読むかぎり、音楽をなんらかの形とともに楽しむスタイルは、完全に過去のものになってしまったことを痛感しました。

あなたは、どのように
音楽を聴いていますか?

アメリカの音楽関連の調査会社MusicWatchがおこなったアンケート結果によると、現在のティーン世代(13歳〜17歳)は新旧のフォーマットで音楽を聴いていることがわかります。

その中でも、やはり最も多いのが、ストリーミング配信サービスで41%。続いてデジタル・ダウンロードで20%、そして意外にもAM/FMラジオが13%という結果になりました。現在のティーンたちは主に、彼らが産まれる前には存在しなかったフォーマットを好んでいるようですが、ラジオやレコードなど、過去のものを毛嫌いしているというわけでもないようです。 

ただし、はっきりと言えることは、もっとも重要な要素は、便利であるかどうか。特に2000年代に新しく進出したフォーマットが、現在も利用されているそうです。

・ストリーミング配信: 41%
・デジタル・ダウンロード: 20%
・SNS上の音楽: 7%
・Sirius/XM: 3%
・ミュージック・ビデオ視聴: 3%
・ポッドキャスト: 2%
・iHeartRadio/TuneIn Radio: 2%
・公式サイトに乗っているサイト: 2%
・公式サイトから聴くAM/FMラジオ: 1%

2000年代当時に人気だった音楽フォーマットの現状はこのようになっています。

・AM/FMラジオ: 13%
・CD: 3%
・Listen to Music Audio TV: 2%
・LPレコード: 1%

若い世代の間でレコードブームが起きている、などと言われることもありますが、実情は少し違うようです。大きな要因としては、お金と不便さでしょう。ティーン世代だと少ないお小遣いの中でやりくりする必要があるため、なるべく機動力のある利便さを選んでしまうのでしょう。

とはいえ、20代にはレコードを集めている一定の層がいるようです。安定した収入があるため、趣味にも没頭して自分たちのアイデンティティを形成しているのかもしれません。

Z世代は
今後の大きなマーケット

現在のティーンたち、いわゆるZ世代たちは、ベビーブーム世代やミレニアル世代よりも大きなマーケットとして期待されています。特に、Z世代が18歳〜34歳の年齢層になれば、消費もより多くなります。今後の音楽の消費の仕方も、今までとは違う形になっているはず。音楽業界がそれにどう順応していくのでしょうか。

Licensed material used with permission by Digital Music News
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
ある意味、親友って人生において1番大事な存在。特に20代で親友と呼べる関係は、一生続いていくものだったりします。そんな相手ともっとデイープな関係になるのは...