青春と音楽。変わりゆく「視聴スタイル」。

青春時代に聴いていた音楽は、大人になっても耳に残っているほどの思い出。それは、楽曲だけでなく、レコードやカセットテープ、CD、MDなど、“形”と共に記憶されていたりもします。少なくとも、ある一定以上の世代にとっては──。

しかし、「Digital Music News」に掲載されたPaul Resnikoffさんの記事を読むかぎり、音楽をなんらかの形とともに楽しむスタイルは、完全に過去のものになってしまったことを痛感しました。

あなたは、どのように
音楽を聴いていますか?

アメリカの音楽関連の調査会社MusicWatchがおこなったアンケート結果によると、現在のティーン世代(13歳〜17歳)は新旧のフォーマットで音楽を聴いていることがわかります。

その中でも、やはり最も多いのが、ストリーミング配信サービスで41%。続いてデジタル・ダウンロードで20%、そして意外にもAM/FMラジオが13%という結果になりました。現在のティーンたちは主に、彼らが産まれる前には存在しなかったフォーマットを好んでいるようですが、ラジオやレコードなど、過去のものを毛嫌いしているというわけでもないようです。 

ただし、はっきりと言えることは、もっとも重要な要素は、便利であるかどうか。特に2000年代に新しく進出したフォーマットが、現在も利用されているそうです。

・ストリーミング配信: 41%
・デジタル・ダウンロード: 20%
・SNS上の音楽: 7%
・Sirius/XM: 3%
・ミュージック・ビデオ視聴: 3%
・ポッドキャスト: 2%
・iHeartRadio/TuneIn Radio: 2%
・公式サイトに乗っているサイト: 2%
・公式サイトから聴くAM/FMラジオ: 1%

2000年代当時に人気だった音楽フォーマットの現状はこのようになっています。

・AM/FMラジオ: 13%
・CD: 3%
・Listen to Music Audio TV: 2%
・LPレコード: 1%

若い世代の間でレコードブームが起きている、などと言われることもありますが、実情は少し違うようです。大きな要因としては、お金と不便さでしょう。ティーン世代だと少ないお小遣いの中でやりくりする必要があるため、なるべく機動力のある利便さを選んでしまうのでしょう。

とはいえ、20代にはレコードを集めている一定の層がいるようです。安定した収入があるため、趣味にも没頭して自分たちのアイデンティティを形成しているのかもしれません。

Z世代は
今後の大きなマーケット

現在のティーンたち、いわゆるZ世代たちは、ベビーブーム世代やミレニアル世代よりも大きなマーケットとして期待されています。特に、Z世代が18歳〜34歳の年齢層になれば、消費もより多くなります。今後の音楽の消費の仕方も、今までとは違う形になっているはず。音楽業界がそれにどう順応していくのでしょうか。

Licensed material used with permission by Digital Music News

関連する記事

ライブ配信型の音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL(ブロック フェスティバル)」が始動。Vol.0が本日20:00〜24:00にて「LINE LIVE...
「ハーマンインターナショナル株式会社」が、全国の10~60代計2,000名を対象におこなった調査では、半数以上の人が「音楽のない世界では生きていけない」と...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」が、差別的な表現を含むコンテンツを削除。「BBC...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。