人種差別への想いを乗せたHIP HOPが、卒論として認定

アメリカ・バージニア大学に、少し変わった専攻の教授がいる。「Professor of Hip-Hop」と呼ばれるA.D. Carsonは、文字通りヒップホップが研究分野だ。

この時点でも相当に興味を惹かれるのだが、知ってもらいたいのは、ここに至るまでの苦難の道のりのほう。逮捕されてでも人種差別に抗議し続けた、アツい男の物語をお届け。

先導したデモでさえ
卒論の一部にしてしまう

Photo by Ken Scar

父がバンドマンで、母が指揮者という音楽一家で育ったCarsonは、幼い頃はヒップホップに好意的ではなかったらしい。しかし、COMMONの『I Used to Love H.E.R』という曲に出会ってからその世界にのめり込み、自分の思いをラップに込めて歌い上げるようになった。

やがて、クレムゾン大学に入学した彼は、キャンパス内でアフリカ系アメリカ人に対する蔑視を肌で感じたという。この現状を一人でも多くの人に知ってもらいたい。彼は、同じルーツを持つ学生たちとグループ「See the Stripes」を結成。自分の得意なラップでレイシズム(人種差別)を訴える行動に出た。

「その頃は、KKK(白人至上主義団体)が大学内でハイアリングをしていたり、Crip'Masという差別に繋がるパーティーが行われていたり、肌の色の違いをバカにした落書きがあったりした。

それだけじゃない。人種差別主義者の名前が大学のビルの名前に使われていた。これ、キャンパス内での話だよ。あるべきでないこうした出来事すべてに対する抗議だったんだ」

と回想するCarsonだが、じつは2016年、校内で9日間の抗議活動を敢行し、逮捕されてしまう。

罪に問われたとき、彼はFacebookやTwitterに「イノベーティブな卒論プロジェクトだ」と投稿。というのも、所属していた研究室は、言語に関することであれば、どんな内容でも卒業論文として受理してくれたから。

それならばと、自分たちの活動を通してつくりあげたラップや動画を博士論文として提出することに決めたのだった。

学位審査では
差別を歌ったラップを披露

動画は、卒論「Owning My Masters」のイントロダクションで実際に使用されたもの。

逮捕から約1年後、学位審査に用意したのは34曲が入ったアルバム。テーマは逮捕されたときに抗議していた内容とほぼ同じで、アフリカ系アメリカ人に対する差別や歴史について。

時間の関係で披露したのは5曲のみだったそうだが、彼の折れない信念がたくさんの人の心を動かしたのか、そのパフォーマンスは大成功に終わったという。

「一度、僕の考えは真っ向から否定されたように感じた。でも、今では大学側も想いを受け止めてくれている気がするよ」

Licensed material used with permission by A.D. Carson
「人権」について考えるための一日にしよう。

関連する記事

12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
反人種差別をテーマにした「セサミストリート」の特別番組「The Power of We」が10月15日(現地時間)にアメリカにて放送。自分や周りの人を守る...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...