人種差別への想いを乗せたHIP HOPが、卒論として認定

アメリカ・バージニア大学に、少し変わった専攻の教授がいる。「Professor of Hip-Hop」と呼ばれるA.D. Carsonは、文字通りヒップホップが研究分野だ。

この時点でも相当に興味を惹かれるのだが、知ってもらいたいのは、ここに至るまでの苦難の道のりのほう。逮捕されてでも人種差別に抗議し続けた、アツい男の物語をお届け。

先導したデモでさえ
卒論の一部にしてしまう

Photo by Ken Scar

父がバンドマンで、母が指揮者という音楽一家で育ったCarsonは、幼い頃はヒップホップに好意的ではなかったらしい。しかし、COMMONの『I Used to Love H.E.R』という曲に出会ってからその世界にのめり込み、自分の思いをラップに込めて歌い上げるようになった。

やがて、クレムゾン大学に入学した彼は、キャンパス内でアフリカ系アメリカ人に対する蔑視を肌で感じたという。この現状を一人でも多くの人に知ってもらいたい。彼は、同じルーツを持つ学生たちとグループ「See the Stripes」を結成。自分の得意なラップでレイシズム(人種差別)を訴える行動に出た。

「その頃は、KKK(白人至上主義団体)が大学内でハイアリングをしていたり、Crip'Masという差別に繋がるパーティーが行われていたり、肌の色の違いをバカにした落書きがあったりした。

それだけじゃない。人種差別主義者の名前が大学のビルの名前に使われていた。これ、キャンパス内での話だよ。あるべきでないこうした出来事すべてに対する抗議だったんだ」

と回想するCarsonだが、じつは2016年、校内で9日間の抗議活動を敢行し、逮捕されてしまう。

罪に問われたとき、彼はFacebookやTwitterに「イノベーティブな卒論プロジェクトだ」と投稿。というのも、所属していた研究室は、言語に関することであれば、どんな内容でも卒業論文として受理してくれたから。

それならばと、自分たちの活動を通してつくりあげたラップや動画を博士論文として提出することに決めたのだった。

学位審査では
差別を歌ったラップを披露

動画は、卒論「Owning My Masters」のイントロダクションで実際に使用されたもの。

逮捕から約1年後、学位審査に用意したのは34曲が入ったアルバム。テーマは逮捕されたときに抗議していた内容とほぼ同じで、アフリカ系アメリカ人に対する差別や歴史について。

時間の関係で披露したのは5曲のみだったそうだが、彼の折れない信念がたくさんの人の心を動かしたのか、そのパフォーマンスは大成功に終わったという。

「一度、僕の考えは真っ向から否定されたように感じた。でも、今では大学側も想いを受け止めてくれている気がするよ」

Licensed material used with permission by A.D. Carson
「人権」について考えるための一日にしよう。

関連する記事

12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
反人種差別をテーマにした「セサミストリート」の特別番組「The Power of We」が10月15日(現地時間)にアメリカにて放送。自分や周りの人を守る...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
米動画配信サービス「HBO Max」がアカデミー賞作品『風と共に去りぬ』の配信を一時停止。
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
「Netflix」が製作を手掛けたHIP-HOPオーディション番組「リズム+フロー」。去年10月に配信が始まって社会派作品としても注目を集めた本作のシーズ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
6月10日、今もっとも時代遅れな構造主義の撤廃を訴える社会運動「Black Lives Matter」に敬意を込めて、「Netflix」が「Blacl L...
ヒップホップの黎明期を切り取った、伝説的ドキュメンタリー映画『Style Wars』が、製作から38年後の今年、劇場公開される。スクリーンいっぱいに広がる...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
米国時間8日、「IBM」のCEOであるArvind Krishna氏が「人種平等改革に関する連邦議会への書簡」を発表。そのなかには「顔認証テクノロジー市場...
音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」が、差別的な表現を含むコンテンツを削除。「BBC...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
有名写真家がかつてない規模で参加するチャリティイベント「Anti-Racism Photo Fundraiser」が開催中。イギリスで起きている人種差別を...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...