嫌うことだけが、差別ではなくなってきている。

ある日、友人が不満を漏らしてきた。

「『LGBTって、最近の感じがするし、いいと思う。オシャレだよね』って言われて。意味がわからない。こっちはファッションでやってるわけじゃないのに

彼女はレズビアンだった。 タレントや芸術家による性的マイノリティのカミングアウトが増えてきたこともあり、彼らに向けられる視線は以前とは少しずつ変わり始めた。だけれども、今までとは違う問題も浮かびつつあるように思える。

それを示しているのが、先日話題になったアメリカの歌手リアーナの発言だ。

マイノリティを道具にしないで。

2471900e240830883dbb176ca9b765156439d3a8

自身の展開するメイクブランドでのモデルのキャスティングについて、「トランスジェンダーの人たちをモデルとして採用する予定はあるの?」という質問をTwitterで受けたリアーナ。確かに性的マイノリティを取り上げるとなれば、メディアからの注目はより集まりそうではあるけれど、彼女はこう返したという。

私は多くの才能のあるトランスジェンダーの人たちと働いてきたわ。でもモデルのキャスティングで、そのような考慮をするつもりはないの。

それは私がストレートの人を、ストレートだからという理由で採用する訳じゃないということと、全く同じことよ。セクシュアリティーは個人的な問題であって、私自身は他人のセクシュアリティーに関心はない。

多くの企業が、そういうことをやっているということは知っている。でも、多様性のアピールのために、見栄えだけよくしようと考えるのは、彼らに失礼よ。彼らはマーケティングのためのツールじゃないんだから。

今まで存在を無視され、抑圧され、隠されてきた人々が、社会において可視化され、尊重されるようになるのはもちろん良いことだと言えるだろう。だけど、彼らを祭り上げたり、過剰に扱うことには慎重にならなければならないのではないだろうか。

彼らを普通の存在として多数派と同等に扱うことが大事なのであって、特別に騒ぎ立てて好奇の目で見るのは、それを「異常でおかしなもの」として扱っていることに再び近寄りかねない。そういったことを彼女は言っているようにも見える。

無意識の差別・好意的な差別?

4f48cd2b0152e3b8e7fa47c956a17dec350f2589

もちろん、「トランスジェンダーの人を起用しないの?」と言った人も、私の友人に「LGBTってオシャレ」と言った人も、きっと悪気があったわけではないのだろう。しかしこういった発言は「無意識の攻撃」、つまりはマイクロアグレッションと呼ばれるものとして近年注目を集めている。

マイクロアグレッションは、「日々のありふれた言葉、行動、または環境の面 での侮蔑的な行為で、意図的かどうかにかかわらず、有色人種に向けて相手を軽視し侮辱するような敵対的、中傷的、否定的なメッセージを送るもの」として2000年代に入ってから定義され、現代では人種に限らず性別やセクシュアリティの分野でも指摘されている。

例えば先ほどの2つの発言には、根底に「トランスジェンダーは、普通ではない」「LGBTはファッション」というメッセージが込められていると言える。

こうしたやりとりは日常の中で当たり前にされがちなことなので、「意識しすぎだよ」などとなだめられて見過ごされるか、発言者の無意識を理由に紛らわされやすい。

つまりは現代、嫌うことだけが差別ではなくなってきているのだ。こういった差別の形態の例はマイクロアグレッション以外にも、好意的に行なっていることが差別になるという性差別の面での「好意的セクシズム」としても研究が進んできている。

差別は個人の意思だけでするものではなく、社会に刷り込まれる面もあるのではという話はにも少し触れたけれど、だからこそ「差別はしないようにしよう」と考えるだけでなく、「無意識に誰かを傷つけていないか」と意識的に考えて動かなければいけないのではないだろうか。

ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...