現実にある「禁じられた愛」

「人を愛するのに権利はいるのか?」と聞かれたら、多くの人は「ノー」と答えるんじゃないかな。そう、私は思うんだ。

じゃあ、「LGBTの人たちには、愛し合う権利はある?」こう聞かれたら、人々はどんな答えをだすんだろう。

「同性」を愛するのは罪?

Maxim and Eugine.

ロシア在住のAnna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。

2013年に制定された同性愛宣伝禁止法。先に伝えると、同性愛そのものを禁止するものではないく、「非伝統的な性的関係」を未成年者に根付かせないことが目的。ただ、同性愛そのものを禁止しないといっていても、LGBTに関係する抗議デモ活動への参加を禁じるだけではなく、カミングアウトや手をつなぐことすら罪とされるらしいのだ。

このことに関して、Annaはハッキリと、おかしいと言っている。彼女の友人もLGBTであることで、差別され、周りから攻撃され続けたのだと。今では、他の国に移り住み、幸せな毎日を送っている。

でも、どうして彼らが他の人たちのように、「愛」を表にだしてはいけないのか。どうして愛することを否定されるのか……。

Kirill and Igor.

Annaが写し出すのは、“ごく普通”の愛し合うふたりの姿。

彼らも、自分たちと何も変わらない愛を育んでいることをわかって欲しい。偏見をもっている人たちに、やさしい気持ちで見て欲しい。と、彼女は願いを込めながらシャッターを切っている。

Alexander and Evgeniy.

Polina and Lada.

Zhenia and Roman.

Dante and Maxim.

Pollina and Tasya.

Yana and Sveta.

彼らの気持ちと、Annaの気持ちが詰まった写真。あなたは何を感じた?

 

 

「誰にも“愛を禁じる権利”なんてない」

 

 

そう、私は信じてる。

 

 

Licensed material used with permission byAnna Brilliantova(Facebook), (Instagram)

関連する記事

3月31日、アメリカ合衆国第46代大統領のジョー・バイデン大統領は、「国際トランスジェンダー認知の日」に政府として公式に声明を発表。「国際トランスジェンダ...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
このほど本拠地があるシアトルで「カップを借りる」プログラムが試験導入。市内の5店舗で、5月31日まで実施するという。
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
有名写真家がかつてない規模で参加するチャリティイベント「Anti-Racism Photo Fundraiser」が開催中。イギリスで起きている人種差別を...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
アライ(Ally)とは、“同調者、支持者、協力者”を示す英単語で「LGBTQ+当事者たちに共感し、寄り添いたいと思う人」を表す際にも使われている。近年では...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...