「一生ものの心のキズ」を公開するWEBサイトに、あつい涙。

今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることにより差別を受けた人々が立ち上げたもの。暴行され、命を落とした人も少なくないと彼らは語っている。

なぜ彼らは、“心のキズ”を公開するのか。

アートで訴えるのは、
悲しみだけじゃない

まずは、下にある一枚の絵と詩を見て欲しい。これは、性差別により身も心も傷つけられた人たちの話。

「Prayer」

Words byxoài phạm
Artwork byArt Twink

──Mark Aguharに捧げる

私は風呂場の床にひざまずき、祖先の血が私の体を包み込む。

私は、ある男に殺された。

夕暮れ時の影のように、私の体はバラバラになった。

あなたはトランスジェンダーの女性を見たことがある?

刺され、殴られ、撃たれ、首を絞められ、水を無理やり飲まされ、火をつけられた女性がいた。

ついに、私の番がきた。
(中略)

 

セクシーな女の子、売春婦、キャリアウーマン、男装した女性や、何かのハンディキャップを抱える人や、性同一性障害者。

みんな私の家族。

木の葉が静かに舞う、私が会ったことのない女性たち。

Ava、Kiwi、Jaquarrius、Jamie Leeに、Ciara、 Chyna、Gwynevereも。

私が名前を呼んだことのない人たち。でも、彼女達の名前を知り、これからは大切にしてゆくだろう。

 

だから、さよならは言わない。

私達はクジラの歌を歌い、お腹がよじれるほどの笑いを分かち合う。

私達のノドは、失われた言葉の山脈。

私達が、互いの手のひらの線や肌のシワ、髪のうねりまでも知ることができるように。

これは、私達の最後の祈り。

今、祝福を受けた私達は、境界線を越えて広がってゆく。

今、あなたはここにいるのだ。

「itany in which you are still here」

 

Words bykiki nicole
Artwork byAmir Khadar

xoài phạmさんの詩はフィックションじゃない。多くの人々が悲しみの涙を流した辛い出来事をアートにして表現したもの。絶望だけではなく私はあたたかさも感じたんだ。

どうして、Forward Togetherをつくったのかサイト運営者に聞いてみたところ、こう答えてくれた。

このプロジェクトの目的は、今を生きているトランスジェンダーの人々を支持するため。これまでに亡くなった人たちの「死」をただ嘆いて、「悲しみ」を広めるための活動ではありません。Forward Togetherのアーティストの一人であるMicah Bazantもこう言っています。

 

「私達は、人の心と考えを変える“アートの力”を生み出しているのです。トランスジェンダーの人々が世界中で運動をはじめ、つながっていく。単にインスピレーションを与え合うためのものに終わらず、アーティストの彼ら自身が実体験を世界に伝える。ストーリーを共有するためのサイトなのです。私達は、政治的なことであっても、アートは欠かせないものと思っています。だって、アートは私達にとって絆を結びつけるものなのですから」

Words byBenji Hart
Artwork byEDXIE BETTS
Licensed material used with permission by Forward Together