「一生ものの心のキズ」を公開するWEBサイトに、あつい涙。

今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることにより差別を受けた人々が立ち上げたもの。暴行され、命を落とした人も少なくないと彼らは語っている。

なぜ彼らは、“心のキズ”を公開するのか。

アートで訴えるのは、
悲しみだけじゃない

まずは、下にある一枚の絵と詩を見て欲しい。これは、性差別により身も心も傷つけられた人たちの話。

1a5539ff8ce8e2d40b79f3e6b9dec985ccb735d6

「Prayer」

Words byxoài phạm
Artwork byArt Twink

──Mark Aguharに捧げる

私は風呂場の床にひざまずき、祖先の血が私の体を包み込む。

私は、ある男に殺された。

夕暮れ時の影のように、私の体はバラバラになった。

あなたはトランスジェンダーの女性を見たことがある?

刺され、殴られ、撃たれ、首を絞められ、水を無理やり飲まされ、火をつけられた女性がいた。

ついに、私の番がきた。
(中略)

 

セクシーな女の子、売春婦、キャリアウーマン、男装した女性や、何かのハンディキャップを抱える人や、性同一性障害者。

みんな私の家族。

木の葉が静かに舞う、私が会ったことのない女性たち。

Ava、Kiwi、Jaquarrius、Jamie Leeに、Ciara、 Chyna、Gwynevereも。

私が名前を呼んだことのない人たち。でも、彼女達の名前を知り、これからは大切にしてゆくだろう。

 

だから、さよならは言わない。

私達はクジラの歌を歌い、お腹がよじれるほどの笑いを分かち合う。

私達のノドは、失われた言葉の山脈。

私達が、互いの手のひらの線や肌のシワ、髪のうねりまでも知ることができるように。

これは、私達の最後の祈り。

今、祝福を受けた私達は、境界線を越えて広がってゆく。

今、あなたはここにいるのだ。

8e2cef06568e66c098f66c4b6228819e9026f83b

「itany in which you are still here」

 

Words bykiki nicole
Artwork byAmir Khadar

xoài phạmさんの詩はフィックションじゃない。多くの人々が悲しみの涙を流した辛い出来事をアートにして表現したもの。絶望だけではなく私はあたたかさも感じたんだ。

どうして、Forward Togetherをつくったのかサイト運営者に聞いてみたところ、こう答えてくれた。

このプロジェクトの目的は、今を生きているトランスジェンダーの人々を支持するため。これまでに亡くなった人たちの「死」をただ嘆いて、「悲しみ」を広めるための活動ではありません。Forward Togetherのアーティストの一人であるMicah Bazantもこう言っています。

 

「私達は、人の心と考えを変える“アートの力”を生み出しているのです。トランスジェンダーの人々が世界中で運動をはじめ、つながっていく。単にインスピレーションを与え合うためのものに終わらず、アーティストの彼ら自身が実体験を世界に伝える。ストーリーを共有するためのサイトなのです。私達は、政治的なことであっても、アートは欠かせないものと思っています。だって、アートは私達にとって絆を結びつけるものなのですから」

5d0aa0eb42b33ecbf68e444a58754d6fcf267219
Words byBenji Hart
Artwork byEDXIE BETTS
Licensed material used with permission by Forward Together
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
7月14日(土)から新宿K's cinemaにて1週間限定で劇場公開です。
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
この絵を見たとき、なんだかとても悲しくなった。なぜかというと、笑顔の下で泣いている彼女の気持ちが、少しだけわかるような気がしたから。作者であるvinci....
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...