世界中の「音」を集めたウェブサイト。東京は築地市場も

エルサレムのライオン門から聞こえる、礼拝を知らせる歌のような呼び掛け

インドネシアの洞窟で何千ものコウモリが立てる

東京・築地市場での活気溢れる競りの

クリスマスイブにベネチアの街に響き渡る鐘の音

「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたウェブサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディングの場所がマッピングされていて、好きな土地の音を聴ける。

このプロジェクトを率いたのは、イギリスのサウンドアーティスト、スチュアート・フォークス。彼は「Cities and Memory」のなかで、テーマごとのサウンドプロジェクトも行っている。

ロンドンの地下鉄の音を集めた「The Next Station」や世界中のプロテストの音を集めた「Protest & Politics」。今年5月には、34カ国の写真家とサウンドアーティストがコラボした「Sound Photography」も公開されたばかりだ。こうしたプロジェクトのなかには、環境音をサウンドアーティストがリミックスした音源もある。

世界各国から2,000以上の音を集められたのは、このプロジェクトがオープンに音源を募っているから。ミュージシャンやサウンドアーティストを含め、これまで500人以上がこのプロジェクトに参加しているという。

普段なかなか意識しない周りの「音」。世界各地の音に耳を澄まし、自分の周りのユニークな音を送ってみてはどうだろう。

Top photo: © iStock.com/alvarez
Licensed material used with permission by CITIES AND MEMORY
他の記事を見る
「築地」であり、「TSUKIJI」。そんな世界一のフィッシュマーケットはいま、揺れる移転問題の渦中にありながらも、ますます存在感を増している。日本の美食を...
「旨い魚を食べる」。その一点に人生を懸けている職人たちがどれだけいるのか。どれだけの情熱が注がれているのか。そんな思いが伝わってくる映画があります。なぜ築...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音に溢れています。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音もあります。もちろん、日本にも...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミ...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
東京ミッドタウンで開催されたFIS TOKYOのオープニングトークセッション。ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ)、山中俊治(東京大学生産技術...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
6月6日の水曜日。東京は雨。そんな日にぴったりなお話と音楽を。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...