リアルな体験をみんなでシェア!女性のオーガズムを研究するサイト「OMGYES」

インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共有するための場所。

18-95歳までの一般女性およそ2,000人にヒアリングし、その内容をもとに様々なテクニックを分析。実際にタッチパッドを使ってテストを行い、そのフィードバックを受けられます。

女性のオーガズムを分析!

Photo by OMGYES
Photo by OMGYES

※画像を一部加工しています。

ここでは、インタビューやレクチャーのサンプル動画が無料で視聴できます。その内容は、自身が経験した最高のオーガズム体験について語るものや、実際に性器に指を当てて動かして見せる場面など衝撃的な内容に。画像の右下の動画では、デバイスを使ってテストを行う様子も確認できます。刺激する時間や、手を止めるタイミングなども計算されており、女性ごとに違う反応を試すことが可能。

レクチャーに登場する人々は、年齢や人種も様々です。

「こうしてみれば?」
と気軽に話せる場所を

運営に携わる女性は、紹介ムービーでこうコメント。

「性の話題って、みんながすることなのに、なんでコソコソと話さなきゃいけないのでしょう? もっと『こうしてみれば?』ってオープンに話せる場にしたいんです」

2016年2月12日時点のコンテンツ利用料は29ドル(約3,300円)。ダウンロードするのではなく、webサイトで47種類のショートムービーと、11種類の触るテスト動画が閲覧できるようになります。定額制ではなく、一度課金すれば何度でも見れます。

男女どちらにとっても、より良い“性生活”を送るための参考になる、有益なツールとなるかもしれませんね。その他の詳細はコチラから確認できます。

Licensed material used with permission by OMGYES
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
この4種類をデスクに常備しています。
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
さまざまな切り口で現代女性の価値観を記事にする「Elite Daily」人気ライターのGigi Engle氏。今回のテーマはズバリ「なぜ年齢が上がるにつれ...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...