今宵、あらためてセックスについて考えてみる(第一夜)

どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越したことはないわけですが、そう簡単なものでもなければ、これという正解もない。

だからここでは、ハウツーなんかよりも、セックスをさまざまな観点から捉えた記事を紹介することで、みなさんにあらためて考えてもらいたいのです。

本当のところ、いいセックスってなんだろう?

01.
セックスの最中の
「気まずい瞬間」あるある

誰にだって、一度くらいあちゃ〜な経験があるはずです。最初っからうまくいくわけないし、コンディションや気分や相手によっても、まあいろいろあるわけで。そんな「セックスあるある」をまとめたのがこちら。

これまで紹介してきた恋愛記事の中でも、不動の人気コンテンツです。

→詳しい内容はこちらから。

02.
「初体験の様子を親に話して!」

いくら親だからって、ヒミツにしておきたいことはあるワケで。でも、そこをズバッと聞いちゃうのがこのインタビュー動画。「で?いつロストヴァージンしたの?」「前戯はどのくらい?」「避妊はちゃんとした?」、親からのバシバシ質問に子どもはたじたじ。

→詳しい内容はこちらから。

03.
いいセックスで仕事の生産性UP
「夜の生活」支援に企業が動く?

いいセックスをした翌日は作業効率が上がる。こんな研究結果がでました。なんでもセックスの高揚感は24時間以上持続するらしいから、夜でも朝でも、出社後のモチベーションを高めるようなカラダの関係が持てれば、仕事へのアプローチも違うよねっていう内容です。

→詳しい内容はこちらから。

04.
おばあちゃんが語るセックス
経験こそ最後は物を言う。

いいセックスに必要なもの。それを経験豊富なおばあちゃん世代に聞いたのがこの記事。たしかに物知りなおばあちゃんだけど、セックスとなると…。これがどれも核心をつく内容なんです。

いくら時代が違ったとしても、男と女の関係なんて、有史以来そう変わるものじゃないってことですね。

→詳しい内容はこちらから。

05.
リアルと「ふり」の境界線。
男女の悦びの差はどこにあるのか

ある調査によると、スペイン人女性のおよそ66%がセックスの最中“イクふり”をしていることが判明。では、「その声の違いがわかる?」をおふざけではなく、セックスにおけるタブーや偏見がどこからきているのかをリサーチしたのがこの実験。

記事後半には、実際に一般ユーザーから集めた「あえぎ声」をモーショングラフィックを用いて表現したデジタルアートも。

→詳しい内容はこちらから。

06.
「カラダの関係」よりも
男性が求めていること。

男だって、いつでも女性をハダカにすることばかり考えているワケではありません。「本当に求めているものを知らないのはむしろ女性のほう」と、訴える男性ライターの独白。カラダの関係よりも、本当の意味で欲しているものとは…女性のみなさん分かりますか?

→詳しい内容はこちらから。

本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
アメリカのケーブルテレビ局「HBO」は、“Intimacy Coordinator”というポジションを創設しました。主な業務は、セックスシーンなどのアドバ...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
その場では一夜限りだと了解の上で関係を持っても、後になって複雑な気持ちになってしまうことは、女性なら割とよくあることではないでしょうか。そんなとき、自分自...
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。