今宵、あらためてセックスについて考えてみる(第二夜)

どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越したことはないわけですが、そう簡単なものでもなければ、これという正解もない。

だからここでは、ハウツーなんかよりも、セックスをさまざまな観点から捉えた記事を紹介することで、みなさんにあらためて考えてもらいたいのです。

本当のところ、いいセックスってなんだろう?第一夜と合わせてどうぞ。

01.
なぜ、セックスは
年齢とともに「快楽」へと変わるのか?

最初の頃は、「まるで自分の体を使ってマスターベーションされているようだった」。痛みとトラウマからただ横になっていただけというアメリカ人女性ライター。それが経験や年齢とともに快楽が増していき…。

フィジカルだけでなく、精神的理由を学者の言葉を拾い上げ、独自に考察した内容は説得力あり。人気記事です。

→詳しい内容はこちらから。

02.
ロボットと肉体関係をもつ未来。

イギリスの未来学者イアン・ピアソン博士の考察が、とにかくおもしろいこの記事。科学の発展に欠かせないのが「エロ」ですが、人間はやがてセックスすらもロボットに委ねてしまうようになるのでしょうか。

→詳しい内容はこちらから。

03.
正直、オーガズムの演技は…ある。
女性68%、男性27%

合計2,000人の男女を対象におこなった調査で見えてきたオーガズムの実態。フリをするのはどんなとき?パートナーにどんな気持ちになる?演技だとバレたらどうする?赤裸々な質問のキニナル答えは…。

→詳しい内容はこちらから。

04.
スウェーデン市議の仰天提案
就業規則に「セックス休暇」!?

スペインのシエスタや、イタリアのランチを自宅でみたいな話は聞いたことがありましたが、春先スウェーデンの田舎町から仰天ニュースが。まさかの「セックス休暇」です。業務時間中に一度家に戻り、パートナーとのカラダのコミュニケーションのために休憩時間を1時間設けるという提案でした。

→詳しい内容はこちらから。

05.
女性の思う「オトコの色気」は
ベッドの上とは限らない。

カラダの相性はもちろん大切でしょう。だけど女性が男性に対してセクシーさを感じるのは、なにもベッドの上だけではありません。例えば「自分と同じように、友人や趣味を大切にする姿勢」なんてのも。

→詳しい内容はこちらから。

どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
セックスしちゃった友達とは……その後どうなる?
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
より良いセックスのための、相性の合う人、時間帯、頻度、6つの法則などを紹介。大学の研究結果や恋愛アドバイザー、ライターによる「最高のセックスにするための方...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
セックスをする夢を見ると欲求不満なのかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、夢占いにおいては必ずしもそうではありません。セックスの相手によっては、才能...
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
関係を続けるかどうかは、その晩のセックスが十分な判断材料になるという記事を、「Elite Daily」で見つけた。抱かれてしまったものは、もう仕方がない。...
アメリカのケーブルテレビ局「HBO」は、“Intimacy Coordinator”というポジションを創設しました。主な業務は、セックスシーンなどのアドバ...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...