【研究結果】夜より、朝のセックスのほうが男性はパワフル!

「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出たとのお知らせ。朝派のカップルに、朗報ですね。

Elite Daily」の女性ライターSheena sharmaさんの記事をもとに紹介したいと思います。

朝の光が、男性を元気にする。

580abd4bf123a84bbee7aa59f152237f17849bb8

シエナ大学では、38人の性欲の弱い男性を対象に2週間の実験を敢行。半分の19人に、ライトボックスで明るい光を朝に浴びせ、もう半分の19人には浴びせませんでした。その結果、明るい光を浴びた19人は、自己採点の性的満足度が10の内6.3というスコアに。一方で浴びなかった19人は2.7という低さ。

研究を率いたファリオーリ教授はこの結果に対して

「光線療法は脳の中央にある松果体の活動を妨げ、結果的にテストテロンの分泌が増えたことが原因としてあげられる」

とコメント。

テストテロンの数値が高いことだけが性欲を高めるわけではありませんが、その数値の高さは、オーガズムのあとの回復が早くなることと大いに関係があるようです。

つまり、朝の光は男性のセックスを強くする…と。次からは「夜の営み」から「朝の営み」に切り替えてみるのもありかも?

Licensed material used with permission by Elite Daily
Reference:ScienceDaily
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...