セックスの意外な効果まとめ【研究結果】

セックスが影響することと考えるとパートナーとの関係性と思い込みがちですが、セックスと健康にまつわる研究は世界中で行われています。あまりおおやけに語られることのないトピックからネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実はこんなにも健康面で良い影響を与えることがあるんです。

セックスは記憶力に影響する

セックスは記憶力を高める

記憶力」はどの年代にとっても興味があるトピックのうちの1つです。普段の買い物メモからプレゼン内容まで、私たちは普段から何かをずっと記憶しながら生活をしていますし、記憶力アップに良い食生活やトレーニング方法は取り入れている人も多いはず。アメリカの大学と韓国の科学者の共同研究によると、ラットを使った2つの実験で「セックス」をすることが脳にいい影響があることがわかってきました。

続きを読む>>>

いいセックスの翌日は仕事がはかどる

いいセックスをした次の日はいい仕事ができる

2017年にスウェーデンの市議で勤務中に「1時間のセックス休憩」をとる提案がされた驚きのニュースも記憶に新しいですが、これはあながち見当外れでもないのかもと思える調査結果があります。オレゴン州立大学の研究によると、いいセックスをすることで仕事へのモチベーションを得られ、オフィス全体の雰囲気も活性化させるとのこと。調査結果と研究の指揮をとったリービット准教授による考察は、セックスに関する意識を変えるきっかけにもなりそうです。

続きを読む>>>

セックスするほど、前立腺がんのリスクが低下

セックスすると前立腺癌のリスクが低下

あくまでも研究段階としながらも、ハーバード大学からはセックスと前立腺がんにまつわる調査内容が報告されています。一ヶ月以内にある一定の回数を超える射精をすると、前立腺がんのリスクが低下する効果があることが判明しました。実はこれと同じような研究は2014年にも発表されており、そちらは男性が生涯に経験する人数が関係しているのではという内容です。がんの原因となる古い細胞を射精により定期的にキレイにすることで防げるのではという疑問に、さらなる研究が進んでいきそうです。

続きを読む>>>

カジュアルセックスで気持ちが前向きに

カジュアルセックスで前向きになれる研究結果

ここでいうカジュアルセックスとは、一般的にはネガティブなイメージが強い「一夜限りのセックス」や「恋愛関係ではない人とのセックス」をさしますが、恋愛観が多様化するに連れ話題にのぼることも多くなってきました。そして、実はカジュアルセックスをする人ほど不安が解消され、自分に自信を持ち、前向きな気分になれるという研究があります。それは恋愛関係の上に成り立つセックスとの比較をしているわけではありませんが、特に肯定派の被験者たちの回答はとても興味深い内容です。

続きを読む>>>

朝のセックスは心も体も健康になれる

朝にセックスすると心も体も健康になる理由

睡眠をとった後のリラックス効果から絶頂を迎えやすいという効果もある朝のセックスですが、なんとコーヒー以上にだるさを吹き飛ばせる効果があるとのこと。パートナーとの関係を良好にするだけでなく、月曜の朝のメンタルや仕事全般にまでいい影響を及ぼしてくれるベストな解決策なのかもしれません。

続きを読む>>>

Top image: © Dmytro Kapitonenko/Shutterstock.com