男性が、SEXよりも望んでいる「たったひとつのコト」

世の中の多くの女性は、男性が「本当に求めているもの」を知らないーー。そんなドキっとする内容の記事を「YourTango」からご紹介。恋愛のエキスパートと称されるSteve Horsmon氏が、すべての男性の代弁者となり主張する内容とは一体!?

ほとんどの妻は
夫を正しく理解していない

shutterstock_315931880_2女性のみなさん。私と既婚男性の会話を聞けば、きっと開いた口が塞がらなくなるに違いありません。なぜなら私たちは、多くの妻は夫を「誤解している」という話をしているから。

夫は言い争いも、妻をコントロールすることも、ただセックスを求めているわけでもありません。彼らは切実に、妻に「真実」を知ってもらいたいと思っています。その真実とは、一体何でしょうか?

ポイントは、男性が「自分の弱さ」を妻に決して見せたくないと思っていること。自分の弱さをさらけ出したときに、どのような反応が返ってくるか…そんなリスクを冒したくはないのです。

“ありのままの自分”を
認めてもらうこと

shutterstock_362215952_2真実。それは、ありのままの自分を優しく受け入れ、認めてもらうこと。女性が言葉にしてもしなくても、自信とサポートの気持ちを表現する。そうすると、彼の世界はたちまち輝き始めるでしょう。

とても強力です。男性の喉は潤い、安心感に包まれます。幸福な気持ちになり、心拍数と呼吸がゆっくりになるーー。

私が知っている既婚男性は皆、このような瞬間を心の底から求めているようです。シンプルに、優しく受け入れ、認めてくれること。他に何もいりません。ただそれだけです。

Jonalyn Grace Fincher氏は、著書「I Am the Patriarchy」で、「女性が男性の弱さを拒んでいる17の例」を記しています。今まで何も知らなかった女性たちは、以下のリストを読んでみましょう。これらのことは、世の中の多くの夫が経験していること。彼らは、あえて口にはしませんが…。

・夫が不在のときや病気のときに、妻が代わりに肉体労働をしなければいけない。そんなとき、夫のことを標準以下だと思う・夫が辛いとき、アイコンタクトを避ける・夫が手探り状態でいるとき、それを自分が引き継ぐ・彼が感情を見せないことを普通のことだとみなし、探ろうとしない・夫が恐怖を感じていると恥ずかしい。それを態度に示す・精神的または肉体的に、大変な作業は夫が文句なくしてくれると期待している・何を恐れているのかを夫に尋ねない。夫に理解や共感を示すことを拒否する・多くの批判を受け入れることを期待している・イベントの予約や税金の申告など、様々なことをうまくこなせないとイライラする・夫が助けを求めても、ビジネスライクに冷たく接する・自分の欲しいものや求めるものを知ってもらおうとする・弱さにうまく対処することができないと考え、子どもに夫の間違いを隠す・自分よりも強いことを期待している・面倒な作業をしてくれると期待している・不快なことでも、男らしく対処してくれることを期待している・家の中で不審な音がしたときは、夫が対処してくれることを期待している

では、これらの情報をもとに、私たちはどうすべきなのでしょうか?

【女性】
恋愛関係において、あなたは自分が思っているよりも、強い力や影響力を持っています。あなたには、パートナーである男性に自信を抱かせ、健康にする力があるのです。ですから、上のような悪い行動はもうやめて、彼の世界を簡単に変えてあげましょう。

【男性】
認めましょう。あなたにも弱さがあります。そしてあなた自身も、それを求めているのです。女性からの承認と受け入れは、セックスよりも欲しいもの。正直に言えば、私たちはセックスを通して、そういったことを求めていることも。

自分の弱さを恥じてはいけません。誇りを持ちましょう。恐怖を感じず、それを説明しましょう。そして彼女の弱さもまた、寛大に受け入れるのです。

Licensed material used with permission by YourTango
More Content From The Good Men Project:
What Men Love More Than Sex
Why Your Wife Can't Act Married Anymore
Improve Male Sex Drive With Food

The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
恋人関係ではなくとも、魅力的な女性を前にすると男性は弱いもの。ふとした瞬間「キスしたい!」という思いに強くかられてしまうことだってあります。それは彼女や美...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
初対面でキスされる、という経験はありますか?日本人ではなかなか、初対面でのキスはあり得ないシチュエーションですよね。何回かデート重ねてキスをするのが、普通...
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
こんな理想的な男性に巡り合えたら、確かに手放したくない。歳をとってもずっと愛情を持って、あなたのことを大切にしてくれる男性の特徴をまとめました。
時に男性は無理矢理にでも女性の唇を奪おうとします。そんな経験あなたにはありませんか?どうして、男性は女性の同意なしに、乱暴な行動に移すのか、理由を解説致し...
約5,000円から支援可能です。
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
駆け引きだったり、自信なかったりで、好きな人に告白できない女性に向けて、「YourTango」の恋愛コーチライターが伝授する、男性を振り向かせる告白。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw...
思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なん...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...