セックス中の「あえぎ声」をデータベース化

ヘッドホン推奨

と、ふざけて書いているつもりはありません。まじめな話、男性に限らず女性も、ひとり静かな場所でオーガズムに達した彼女たちの“アノ声”に耳を傾けてみませんか。

「リアル」と「フリ」の境界線
男女のセックス“悦び”の差

手始めに、まずは1本の動画を紹介します。

終始スペイン語ではあるけれど、肝心なのは内容よりもむしろ声としましょう。動画の被験者たちと同じように、まずは女性たちの「絶頂の瞬間」を聞き分けるところから。

B45d9311d4d7845973c3de6245207cbaa12221303b2e1e14be8bb1f2924960dc1cbdbc5d81c8a582

「xxx……」

文字で表現するにはあまりにもメロディアスすぎるため、そこはぜひ自分の耳で。

Cc02e26b96d50b37e42fcc9b007d8db264f8b837

すると突然、モニターにあえぎ声の正体が現れました。そう、これは声優によるフェイク。

663ae02593565ada7114cc97483161ab26abb6cf

ポルノ動画って可能性もあるなとは思ったけど、すっかりダマされたよ」と男性陣。一方、女性たちの反応はというと……「こんなのぜったい演技だって」と一人が答えれば、「そう?私には本番っぽく聞こえたけど」な意見も。

結果から言えば、被験者のおよそ6割がこれをリアルと答えたんだとか。では、たとえそれがフェイクだと分かったところで、どうだというのか。

Bijoux Indiscretsの調べによると、スペイン人女性の約66%がセックスの最中に、イクふりをしていると答えたそう。さらに、ほぼすべての人が性生活における“フィクション”は「ある」と自覚していることも判明しました。

セクシャリティの偏見をなくしたい

改めて、オーガズムを聞き分けるこの実験も、決しておふざけで行われた訳ではありません。実施したのは、女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」。

彼らこれ以外にも、18歳から55歳の男女およそ1,500人に対し「フィクションとリアルセックス」をテーマに、2006年よりオンラインアンケートや個別のヒアリングを重ね、セックスにおけるタブーや偏見の原因がどこにあるのかを、実験的にリサーチし続けているのです。

これは、そのほんの一例。

ポルノ動画を週に数回見る
男性:24.3% 女性:5.5%

性行為中まれにオーガズムに達しない
男性:5.2% 女性:22.5%

少なくとも1回はオーガズムを偽ったことがある
男性:21.2% 女性:52.1%

映画のようなロマンチックなセックスがしたい
男性:37.6% 女性:44.7%

ポルノ動画のようなセックスがしたい
男性:38.2% 女性:22%

ポルノ動画が男性たちの欲望や期待、性的行為に与える影響は非常に大きい、と同メーカー。これに対し本質的に女性が求めるものは、快楽による心からの悦び、と。

女性たちの“イク声”を
一般公募!?

セックスに対する男女間の意識の溝、あるいはポルノ動画の描写とリアリティとの根本的な違いに改めて目を向け、耳を傾けることで、性の悦びを謳歌してほしい。そこでBijoux Indiscretsは、性生活にはびこるフィクション(つまりはフリ)をなくそうと、あるプロジェクトを立ち上げました。

オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリーとして公開する、というものなのですが…。

驚くことに、これらのデータはすべて公募によるもの。つまりは、ごくフツーの女性たちがセックス中に(あるいは自慰行為中に)録音した音声データだそう。確かに耳をそばだてて聞いていると、ベッドが軋む音だったり、衣類(?)が擦れる音だったりと、リアルな日常の雑音まで聞こえてきちゃう始末。


モーショングラフィックで
オーガズムを“見える化”

こちらはマーブル紙のような美しいデザイン。かと思いきや、以下は声の大きさや高さによって変わるモーショングラフィックを用いて、彼女たちの絶頂を視覚化したものだそう。

7e302779ff2409df9fb6944e0dfdd2b7c55f579b2c08c75c8f7e6d4360fb9290ae8cf1bb9add0841Ea682bfeff0f3f6908173c01970adf387e867debBfbd3cffe2449a81e1b4c921c009f3895e0f3f7123ada36cd0948d104935cb322871a89c8e36b9c06e9b1598132580fdc794483be0d461be7aab330a6d9495dfb1c5ba4fd174454fd948210ef6917e34

人々が求めるものは、快楽による心からの悦び。

と、世界中の女性たちからも“悦びの声”を募集するBijoux Indiscrets。世のセクシャリティに対する偏見が、声を集めることで実現するかどうかはわかりませんが…。それでも、冗談でなく協力できるという人は、どうぞ収録の準備を。

Licensed material used with permission by Bijoux Indiscrets
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...