頭のいい人に惹かれる、これは本能。

異性のどこに魅力を感じるかは人それぞれ。博識、ユーモア、勤勉さ、努力家、などなど。昨今、知性と魅力に関する研究でこれらの相関関係が見えてきたようです。そのひとつ、「知性=セクシー」と感じるサピオセクシャル(Sapiosexual)について紹介します。

自身も知的な人にセクシーさを感じるサピオセクシャルだと公言する、ライターJustin Gammill。これまでの研究結果に自らの経験を照らし合わせて書き上げた当記事は、「I Heart Inteligence」で大きな反響を呼びました。

「知性」に対して
性的魅力を感じる人々

Sapiosexuality(サピオセクシュアリティ)をより詳しく表現するならば、知的な人に惹かれ、性的刺激を感じる趣向。そう、知的であることはセクシー。それも様々な研究結果が示しているのです。

トランスパーソナル心理学の研究者Diana Rabbはこう表現します。

脳は、体の中でも一番大きな“性器”と言っていいでしょう。サピオセクシャルの人は、相手の知性に対して、性的な刺激を感じるといいます。哲学や政治、または心理学のディスカッションをすることが、彼らにとっては“前戯”とも言えるんじゃないでしょうか

http://iheartintelligence.com/2015/05/23/sapiosexuality-why-some-of-us-are-attracted-purely-by-intelligence/
5d1400577e10d23c6ca218d873a7b5a2e62fae13

さて、サピオセクシャルな私にとって、あらゆる魅力のなかでも「知性」こそが、一番輝いているように思うのです。私のような人たちの共通点に、相手の知性をすぐに理解できることが挙げられます。

例えば、難解なロシア詩集に手を焼いている自分に、ぽっと横から見解をひと言入れてくれる。相手が自分の興味ある事柄に、深い考察や知識があるというシナリオは、サピオセクシャルとしては想像しうる最もセクシーな出会いなのです。

確かに人を魅力的に感じるチャーミングポイントは人それぞれ。でも最近の社会では知性に魅力を感じる事が不思議だそう。けれど私からしたら、相手の知性に惹かれるのは、じつに自然な流れ。

見た目の魅力というのもあるけれど、見た目より、知性は永遠のものですから。サピオセクシャルの人たちは、裸を見せ合うことじゃなく、良い会話を重ねることでも満たされるのです。 

あらゆる科学者たちが、「知性」と「魅力」の関係性を研究しているのですが、これこそが本質なのではと私は思うのです。頭の良い人たちほど、本質を追求することに没頭しがち、特に他人に対しては。それゆえ知的なタイプには孤独を感じる人が多く、本当に自分をさらけ出せる相手なのかどうかを熟考してしまうのです。

エリート学生の方が
性的好奇心が強い

F2135607b270d781a3eae2d3e118d01a10f79a68

「知能と性的欲求は比例している」、これはLovehoneyというイギリスのアダルトショップの調査結果です。Lovehoneyの売り上げデータによれば、エリート大学の学生たちが、セックスについての興味が一番高いということが判明しました。が、セックスの回数が多いのかというと、どうやらそれは違うようです。

例えば、2007年に発表された「性交渉と知能(Intercourse and Intelligence)」という研究で、80%のアメリカ人男性と、75%のアメリカ人女性が、性交渉を19歳までに経験しているということが判明しました。

さらに大学生だけで比較すると、プリンストン大学の学生の56%、ハーバード大学の学生の59%、MITの51%の学生たちが、性交渉の経験があると回答。また65%のMITの大学院生がセックス経験があると答えました。

何が言いたいかといえば、エリート大学の学生たちの経験数は少ないかもしれないけど、頭のいい人たちほど相手を選んでいるという推測が立ちます。

頭のいい男性は、
いい子孫を残す

78bd277ac502d11e7f43142f98abb0734aefb985

ニューメキシコ大学のGeoffrey Miller教授は、400人の男性の知的レベルを試験した結果と、精子サンプルの関連性をデータ化しました。すると、試験で高い点数を獲得した男性の精子サンプルは一番健康的という結果に。

Miller教授は「脳の質」と「精子の質」は関連性があり、また世代が渡るように強い遺伝性があるのであろうと、まとめています。

「言語、ユーモア、そして知性は、どちらの性別においても進化していきました。なぜなら、それはお互い、魅力的に感じているからでしょう」

知性、ユーモアと言葉が豊富であるということは、健康的な精子という意味でのいい“宣伝”になっているようです。

考えてみれば、人類の進化において、私たちの祖先は強く生き抜くためにも頭のいいパートナーが必要だったんじゃないでしょうか。頭の悪いパートナーは安心できないですからね。今とは時代が違うかもしれませんが、その本能がもしかしたら、色濃く残っているのかもしれません。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
ルックス、経済力、包容力…。付き合う男性に求めるものは人それぞれですが、そのなかでも知性を求めている女性はなかなか多いのでは?でもこれにはちゃんと理由があ...
「サピオセクシャル」とは、性的な魅力よりも知的興奮に惹かれてしまう人々を指す表現として、近年使われ始めた言葉です。「I Heart Intelligenc...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
ギリシャ神話に見るエロスとは、愛と性欲の神。でも、現代においては「エッチがしたくてしょうがないカップルを描写する言葉」だと、ど直球に訴えかけるのはライター...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
水筒の蓋に唇が触れるとセンサーが働いて、自動で開閉してくれる水筒Lyd。不注意でこぼしてしまうことがないから安心です。
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
恋愛においてよく、まったく違う価値観を持つ相手の方が上手くいくことがある。なぜなら、知性の違いは大きな魅力のひとつだから。とは、ライターBrenda De...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...