付き合う相手は「知的」じゃないとダメ。サピオセクシャルってなに?

ルックス、経済力、包容力…。付き合う男性に求めるものは人それぞれですが、そのなかでも知性を求めている女性はなかなか多いのでは?でもこれにはちゃんと理由があって、なんと男性の知性に触れると、女性は性的刺激を受けるのだとか。

Elite Daily」のライター、Gigi Engleさんが語る「知的な男性がセクシーな理由」には、多くの女性が納得できるかもしれませんよ。

「私にとっては、議論が前戯なの」

サピオセクシャルっていう言葉、聞いたことある?

これは、相手の知性に性的刺激を感じる人のこと。つまり「知的=セクシー」が証明されたとも言えるかもしれない。

トランスパーソナル心理学のDiana Rabb博士はこう言ったわ。

「脳は、カラダのなかでも最大の性器です。サピオセクシャルだという認識がある人は、相手の思考に触れることで性的刺激を受けると言われています。彼らは、前戯で哲学や政治、そして心理について議論をすることでも、性的興奮を覚えるでしょう」

ウィットに富んだスマートな会話を好む私は、間違いなくサピオセクシャルだと思う。博士が言うように、彼女たちのSEXは議論からはじまるの。

普通の前戯は愛撫からかもしれないけど、サピオセクシャルの人たちにとってこれはあまり効き目なし。もしも彼女たちを興奮させたいのであれば、政治とか好きな作家の話をしてみては?

それだけで私たちは興奮しちゃうんだから。

01.
IQが高い人のほうが
精子も健康的!?

143756927eb75d345b296af37375c15ba569b688

The Telegraph」で紹介されたメキシコ大学の研究によれば、400人くらいの男性を集めて健康な精子と知能の関連性を調べたところ、IQが高い人のほうが健康な精子っていう結果だったそうなの。

ってことは、私たちはDNAレベルで「知的な男性」に惹かれているのかもしれない。だって、子どもを作るなら当然、健康な精子のほうがいいでしょう?きっと、知的な彼なら心配ないと思うの。

02.
知性的な彼となら
夜も楽しみ

もっと深く知性と性欲の関係が知りたいなら「Medical Daily」の記事を読んでみてほしい。

「Lovehoney」っていうアダルトグッズメーカーの調べによると、エリート大学に通う学生ほどグッズを買う割合が高いんだって。ということは、頭がいい人ほど性欲が旺盛ってことじゃない?

03.
もちろん、親も安心

8fe5ffa82af9eda43dfee074a7430f11e53ec1b0

「相手の家に誘われたとき、本棚に本が並んでないヤツとは寝ないこと」
ーーJohn Waters

この名言、最近よく見かけるわね。

上の世代から批判されがちなジェネレーションY世代(1980年〜1994年に生まれ)は、創造性豊かな人たちで溢れかえってるの。だから書くのも、読むのも、考えるのも、創り出すのも大好き。セルフィーやInstagramを始めたのもこの世代よ。

だけど、私たちの世代だってソクラテスやスタインベックについて語れるし、無知はセクシーじゃないってことくらい理解しているつもり。だからこそ知的な彼と付き合って、親を安心させたいって気持ちもあるの。

04.
どんな話題でも
深く語り合える

そもそも知的な人に惹かれるのって、「知性には価値がある」と思っているから。

だって、脳は使いよう。言葉や考え方で相手を好きにさせるんだから、それってとてもすごいことだと思うの。知的な男性フェチの私たちって、通勤電車で本を読み漁ったり、気になることはインターネットで調べたり、意外と自分にも厳しいの。ゴシップよりもちゃんとした知識を得たいって思うくらいだから、かなり貪欲。

おかしいかもしれないけど、一番最初にチェックするのは「相手の考え方や知性」。気持ちはあとからついてくるもの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
知的な人、賢い人に性的魅力を感じるのが「サピオセクシャル」と言います。頭脳の良し悪しとその魅力に関して様々な研究において、関連性がある事が判明されています...
「サピオセクシャル」とは、性的な魅力よりも知的興奮に惹かれてしまう人々を指す表現として、近年使われ始めた言葉です。「I Heart Intelligenc...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
恋愛においてよく、まったく違う価値観を持つ相手の方が上手くいくことがある。なぜなら、知性の違いは大きな魅力のひとつだから。とは、ライターBrenda De...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
二千人のビジネスパーソンに「知的生産の技術」を指導してきた経験から、いかにして「知的生産の戦略」を立てるべきかを紹介します。01.相手が持っていない知識に...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
こんな理想的な男性に巡り合えたら、確かに手放したくない。歳をとってもずっと愛情を持って、あなたのことを大切にしてくれる男性の特徴をまとめました。
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
恋愛の伝道師とも言われる女性ライター、Dina Z Coladaからすると「ダメ男と付き合うなんて人生のムダ。すっぱり縁を切りましょう」っていうのが幸せに...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...