知的なひと時を演出するホテルのライブラリー

夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉を潤しながら、会話のタネにするもよし。訪れるべきは、くつろげるホテル内のライブラリー。言うまでもなく、贅沢なひと時を演出してくれる空間です。

01.
IL SALVIATINO

イタリア・フィレンツェ

フィレンツェを眺め下ろす15世紀のルネッサンス式パラッツォ「イル・サルヴィアティーノ」。このホテルの内装を手がけたデザイナーチームが、時代を超えた見事なセンスを持っているのは明らか。特に、深みある色合いのレザーソファと、レアな革装丁の本が並ぶダークウッドの本棚を、背の高い窓から差し込む午後の陽が照らすライブラリーは、時の流れを全く感じさせない彼らの才能を顕著に表しています。

詳しくはコチラ

02.
THE NOMAD HOTEL

ニューヨーク

ニューヨークのホテルは、ライブラリーをテーマにしたバーがやけにお得意のようですが、その中でも特筆すべきは「ザ・ノマド・ホテル」。壁いっぱいに造り込まれたダークウッドの本棚に、古き時代のニューヨークを描いた本が並ぶバーラウンジは、これまでになくグラマラスで、知性を感じさせる大人に似合う空間です。

詳しくはコチラ

03.
AS JANELAS VERDES

ポルトガル・リスボン

かつてはポルトガル人作家エッサ・デ・ケイロスが住んだこの18世紀の豪邸には、古い文豪の家と聞いて人が思い描くものすべてが揃っています。もちろん一番の見所は、古い本の匂いと、地図やアンティークのオブジェに満たされた、風情あるウッドパネルの読書室です。

詳しくはコチラ

04.
HÔTEL THOUMIEUX

フランス・パリ

実際に読書するには向かないこと確実ですが、このホテル内にある、シェフ、ジャン・フランソワ・ピエージュ氏の私有ライブラリーでは、彼自らが手がけるテイスティングメニュー(※要予約)が味わえます。活字なしでも、目を(そして舌を)楽しませてくれることは間違いありません。

詳しくはコチラ

05.
CHÂTEAU MCELY

チェコ共和国・ミセリー

プラハ郊外、セントジョージ森林の奥に佇む築300年のこのシャトーホテルにあるのは、18世紀の科学実験用具などが置かれたちょっと不思議な図書室。メルヘンチックな客室にはそれぞれ、かつてボヘミアの詩人リルケがここを訪れた時代を思わせる書斎デスクも置かれています。 

詳しくはコチラ

06.
BELMOND PALACIO NAZARENAS

ペルー・クスコ

雑草を一本抜いただけでも、貴重な文化遺物に出会えそうな歴史あるペルーの町・クスコ。かつてチャペルだった建物の中のギャラリースペースを利用した「パラシオ・ナサレーナス」の図書室には、このホテルの建造に際し行われた丁寧な修復作業中に出てきた考古学的発掘物が並んでいます。

詳しくはコチラ

07.
TAJ FALAKNUMA PALACE

インド・ハイデラバード

英国王室の別荘ウィンザー城にある読書室を参考にして造られた「タージ・ファラクヌマ・パレス」のライブラリーには、英語、ペルシャ語、ウルドゥ語で書かれた本に加え、レアなアンティークのコーランなど、貴重な書物が合計約6,000冊も貯蔵されています。また、マホガニー材とエボニー材を用いた天井には、このパレスを1884年に建造した首相のイニシャルが掘り込まれており、部屋自体も、書籍に負けない重厚感を漂わせています。

詳しくはコチラ

08.
HOTEL MONTALEMBERT

フランス・パリ

1920年代のボザール様式の建物を利用したこのホテル内にある小さな図書室「サロン・ギャリマール(Salon Gallimard)」は、隣接した出版社にちなんで名付けられたもの。もちろん、これまでにこの空間でくつろいだ作家や編集者は数知れずです。

詳しくはコチラ

09.
THE LIBRARY

タイ・サムイ島

サムイ島の透き通る海と、このホテルの赤い(!)プールで遊び疲れたら、本とドリンクを手にリラックス。「ザ・ライブラリー」と名付けられただけあって、ここではバーからスイートルームまで、本がテーマになっています。もちろん、館内には1,300冊以上の本とDVDやCDを用意。思わず欲張りに滞在を延ばしてしまいそうです。

詳しくはコチラ

10.
ONE ALDWYCH

ロンドン

ロンドン中心地にある「ワン・アルドウィッチ」。アトリウムになったロビー階はいつもアフタヌーンティーやカクテルを楽しむゲストや地元っ子で賑やかだけれど、エントランス脇の小さなドアの向こうには、滞在客だけが(無料で)利用できる“ラウンジ・アット・ワン”が待っています。穏やかな空間で、ご存知ポール・スミスがセレクトした本に目を通しましょう。

詳しくはコチラ

ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。