【海外で話題】知的で賢い?読書好きの男子がモテる「11の理由」

読書男子がモテる?

知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけでなく、もう一歩踏み込んで彼らの魅力を探ってみよう。

1.向上心がスゴイ

読書好きということは、常に新しいことを学ぼうとする向上心がある。今の自分の知識に満足することなく更なる知識を得ようとする。その姿が女子からとても魅力的に見えるのだ。

2.好奇心が旺盛

次々と本を読むということは、知的好奇心が尽きないということでもある。彼らの目はいつも新しい知識や物語に向けられている。

3.芯が強く流されない

th_shutterstock_192510665 (1)

読書をするということは、自分と作者との対話するということでもある。その経験は、読書好き男子の芯を強くしている。周囲に流されない芯のある彼らが、とてもかっこ良くみえるのは無理もない。

4.軽はずみな判断をしない

本をたくさん読む人は、思慮深い。なぜなら、本を読むという行為は粘り強さが必要だ。そんな行為を好む彼らは、表面的に物事をみたり、軽はずみな判断を下したりしない。

5.古典の価値を理解している

 

古典には、古今東西の人類の英知が蓄積されている。それは、人間の一生の長さを超えるスパンで考えることも可能にする。一過性の流行に振り回されない彼らの姿も素敵だ。

6.共感してくれる

例えば小説を読むことは、その主人公の立場になって考えたり、背景を色々と想像したりする。つまり、人の立場になって考える、という訓練をしているのだ。そんな彼らは、あなたの気持ちにも当たり前のように共感してくれることだろう。

7.表現が豊かで細やか

読書好きな男子は語彙が豊富だ。本をたくさん読めば読むほど、表現も豊かになってくる。

そんな彼らは、豊かで細やかな表現であなたに沢山のことを教えてくれるだろう。その言葉は、まるで複雑で繊細な音楽のように人の心を掴んでしまう。

8.問題解決能力が高い

本を読んで得られる知識の中には、日常のトラブルを解決できるアイデアも沢山ある。物知りで、様々な問題を適切に処理していく読書好き男子がモテないわけがないだろう。

9.記憶力がいい

本を読むときは、読んだ文章をちゃんと覚えてなければいけない。そうでないと、その後の文章を理解することができないからだ。例えば小説を読むにしても、多くの登場人物の特徴や行為などを覚えてなければ、物語を楽しむことができない。記憶力のいい彼らは、愛する女子との記念日などを決して忘れない。

11.ロマンチストである

本の中には、ロマンチックな言葉や状況がちりばめられている。その言葉や行動を参考にして日常でも使うことは、読書男子が人気のひとつだろう。

 

Reference:11 Reasons Why Men Who Read Make Better Boyfriends on ELITE DAILY

メリットだらけ、です。
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
ほんと、人は見た目によらないし、継続は力なりだし、好きこそ物の上手なれ、です。
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
「私は可愛くないからモテない」などと全てを容姿のせいにしていませんか?男子が惹かれるのは表面的な見た目だけではなく、表情や雰囲気が大きく影響してきます。あ...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
女子ってホントに眼鏡が好きですよね。職場でもカフェでも、そして電車の中でも、眼鏡をかけた人がいるとつい目で追ってしまうのが女の性というもの…とは言い過ぎで...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
恋人や好きな人と仲良くなるための手段として、デートやプレゼント以外に「The School of Life」が勧めているのがふたりでの読書。お互いへのリス...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...