もはや、狭いだけの「カプセルホテル」じゃ満足できない!

以前ヨーロッパの友達が日本へ遊びにきた時に、「せっかく日本に来たんだからココでしかできない事を経験したい」と言ってホテルやゲストハウスを選ばず、カプセルホテルに泊まっていた。

彼はサーファーでボードも持ってきていたから、もっと広い場所の方が良いだろうに…なんて心配していたけれど、どうやら無駄だったようだ。感想を聞くと「すっごい狭くてさ、驚いたよ」と少し興奮気味に話してくれたのを覚えている。

でもそんな新鮮な反応はもう見れなくなってしまうかもしれない。なぜなら、カプセルホテルは、いま確実に海外に広がりつつあるのだから。

あえて、泊まりたくなる
極上の「狭小ルーム」

9daff8881e3fd8d7b560b83f42bf954dd7d7340e61db57a9397e2aeaae065f60f2d9530dd63b0c78

カプセルホテルだって今や様々なタイプがあるけれど、通常のホテルに比べるとやはり簡易的なイメージは拭えずにいた。けれどここ「CityHub」なら、むしろカプセルホテルに泊まるという選択肢を選びたくなりそうだ。

79acabd84394ee4834fc813e583cc062c1d99773

立地は、多くの美術館や博物館が集まるミュージアム広場やアンネ・フランクの家から1.4km離れたアムステルダム市内。無料でモバイルWi-Fiルーターを貸し出してくれるというから、見たものや感動したことを「今すぐ離れた友達に伝えたい!」という時には大助かりだ。街を思う存分楽しんで、思い出もたくさん残せそう。

気分によって
室内をカラーチェンジ

1a515433fb464a12f9626cf0c89a69c8c356a5f324428e6d96d99c1c4da4902d9a7af82e8767b5af

それにしても、なんてカラフルな照明だろう。じつはこれ、CityHub専用のアプリで変えることができるみたい。その時の気分によって照明のトーンを自在にチェンジ。

他にもアプリを使うことで、外出時でもスタッフとチャットができて、オススメの観光場所や、アムステルダムに住んでいる人だからこそ知っている「隠れスポット」を教えてくれるみたい。テクノロジーもスタッフも旅の味方になってくれるのは心強い。

0b606c1f28ce69a09e00add9fa03debd6fd789c8

画像にうつっている男女は、室内がピンク色ってだけなのになんだかロマンチックに感じちゃう…!

部屋のカギも支払いも
リストバンドで解決

7b65b06fde323e0e05736be4088aa8c8bbf59db62ff5b6517a9be8d19e1ca29bcfec6f26189ed668

CityHubの特徴として、他にもチェックインすると渡されるリストバンドに注目。これが部屋の出入りの際にカギ代わりとなり、施設内のバーでアルコールを購入する時にはお財布代わりにもなるという。これならカギどこへやったっけ?お財布失くしたかも!と焦る心配もないだろう。

654601b7e14ba5ee5b9f36636a1197e7f1663152

ネットで調べてみれば、現在はアジアをはじめ、イギリスやロシアなど各国でカプセルホテル、もしくは似たかたちの宿泊施設を見つけることができる。

私たち日本人にとってはもう驚くこともない文化だけれど、海外で進化したカプセルホテルに泊まってみるのも一考。逆に新しい発見ができそう。

Licensed material used with permission by CityHub
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
独断と偏見でピックアップしました。
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...