もはや、狭いだけの「カプセルホテル」じゃ満足できない!

以前ヨーロッパの友達が日本へ遊びにきた時に、「せっかく日本に来たんだからココでしかできない事を経験したい」と言ってホテルやゲストハウスを選ばず、カプセルホテルに泊まっていた。

彼はサーファーでボードも持ってきていたから、もっと広い場所の方が良いだろうに…なんて心配していたけれど、どうやら無駄だったようだ。感想を聞くと「すっごい狭くてさ、驚いたよ」と少し興奮気味に話してくれたのを覚えている。

でもそんな新鮮な反応はもう見れなくなってしまうかもしれない。なぜなら、カプセルホテルは、いま確実に海外に広がりつつあるのだから。

あえて、泊まりたくなる
極上の「狭小ルーム」

カプセルホテルだって今や様々なタイプがあるけれど、通常のホテルに比べるとやはり簡易的なイメージは拭えずにいた。けれどここ「CityHub」なら、むしろカプセルホテルに泊まるという選択肢を選びたくなりそうだ。

立地は、多くの美術館や博物館が集まるミュージアム広場やアンネ・フランクの家から1.4km離れたアムステルダム市内。無料でモバイルWi-Fiルーターを貸し出してくれるというから、見たものや感動したことを「今すぐ離れた友達に伝えたい!」という時には大助かりだ。街を思う存分楽しんで、思い出もたくさん残せそう。

気分によって
室内をカラーチェンジ

それにしても、なんてカラフルな照明だろう。じつはこれ、CityHub専用のアプリで変えることができるみたい。その時の気分によって照明のトーンを自在にチェンジ。

他にもアプリを使うことで、外出時でもスタッフとチャットができて、オススメの観光場所や、アムステルダムに住んでいる人だからこそ知っている「隠れスポット」を教えてくれるみたい。テクノロジーもスタッフも旅の味方になってくれるのは心強い。

画像にうつっている男女は、室内がピンク色ってだけなのになんだかロマンチックに感じちゃう…!

部屋のカギも支払いも
リストバンドで解決

CityHubの特徴として、他にもチェックインすると渡されるリストバンドに注目。これが部屋の出入りの際にカギ代わりとなり、施設内のバーでアルコールを購入する時にはお財布代わりにもなるという。これならカギどこへやったっけ?お財布失くしたかも!と焦る心配もないだろう。

ネットで調べてみれば、現在はアジアをはじめ、イギリスやロシアなど各国でカプセルホテル、もしくは似たかたちの宿泊施設を見つけることができる。

私たち日本人にとってはもう驚くこともない文化だけれど、海外で進化したカプセルホテルに泊まってみるのも一考。逆に新しい発見ができそう。

Licensed material used with permission by CityHub
他の記事を見る
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、破格の調達金を得たトラベルアイテム。その名も「CleanseBot」。集めた額は、なんと約1億700...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...