宿泊費を抑えて旅をしたいとき、絶対に知っておくべきこと

旅のどこで出費を抑えて、どこにお金をかけるかは好みがハッキリ分かれるので、「宿泊費と食費」のコストカットをしたい旅人へ。

宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめてみました。ちなみに私は、バックパッカーで長期ひとり旅派。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、今回は<宿泊施設を選んだ場合>に限定して紹介。

ひとことで言えば、「ドミトリー」がやっぱり1番安い。

国にもよるけれど、ヨーロッパやオーストラリアでも、だいたい3,000円あれば1泊できちゃうから。東南アジアなら1,000円以下だったりも。

先進国ならネット予約が安いから、早く計画を立てて準備しておこう。

01.
「キッチン付き」はマスト

まずは基本の「き」から。

格安ホステルや、ゲストハウスなら付いていることが多いけれど、確認すべきなのはキッチンがあるかどうか!外食が高い国なら、自炊でかなりコストカットできる。基本的な調味料は揃っていることが多いし、フリーボックスには、誰でも好きに使っていい食材が置いてあったりもする。

出会った友達とご飯を一緒に作ったり、いろんな国の人の料理を見れるのもグッド。

02.
セキュリティの確認

安いぶんセキュリティーが心配なら、予約してしまう前に「オートロックかどうか・部屋に金庫があるかどうか」は、最低限チェックしよう。

男女共有ではなくて、<男性or女性専用部屋>を選ぶのもポイント。フロントでお願いしたら、日本人と同じ部屋にしてくれることもあるから、心細かったら聞いてみるのもアリ。

03.
クラブからは離れた場所へ

クラブ街だったり、もはやクラブが併設されているような所だと、困ったことにパーリーピーポーたちが部屋に男性を連れ込むことも(笑)。日本人的には考えられないけれど、結構おきる問題なんだよね。こうなると、女性専用の部屋を選んでも意味ナシ。

明け方まで外が騒がしいし、酔っ払った変な人の出没率も高まるから、いくら安くても立地は選んだほうが安心。

04.
Wi-Fiは無制限で無料がベスト

飛行機のLCCと同じで、アメニティで諸々お金を取られることがある。バスタオルは持参するとして、気をつけて欲しいのはWi-Fi。時間単位で有料なこともしばしば。

無料だと、みんなが使ってて繋がりにくいんじゃ?と思うかもしれないけれど、お金を払っても、弱くて使えないことはよくある。あらかじめ口コミで確認できれば1番だけど、自分の部屋で使えるかどうかは、チェックインしてみないとわからない。

ロビーでは繋がったのに、部屋に入ったら切れたってこともあるある。そんな時でも無料なら、「まあ仕方ない」って思えるでしょ?

05.
「HI」の会員になる

Hostelling International」は、約90ヶ国の4,000以上の格安宿・ユースホステルが登録されているサイト。会員になっておくと世界中にある同系列の宿で、10%以上の割引をしてもらえるのだ。よく海外に行く人は、知らないのはもったいない!

似たようなサイトは他にもあるけれど、登録料がかかってもココが断然オススメ。大きいネットワークだから、本当に大体の都市にはHIの宿がある。15以上の国で利用したけれど、多少の差はあっても清潔で、快適に過ごせてきた。それに会員証を持っておけば、国内施設でも割引してもらえるのだ。日産レンタカーとかも(割引に関して詳しくはこちら)。

【おまけ】
洗濯用の洗剤は、日本から持参

もし長旅で洗濯が必要なら、ランドリーでは別料金で洗剤を買わされる可能性大。しかも海外の洗剤だから、汚れが落ちていなかったり、変な匂いがすることも。

小さめのペットボトルに入れて、持っていこう。液体洗剤だとベタベタになるから、粉末洗剤がベスト。

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...