宿泊費を抑えて旅をしたいとき、絶対に知っておくべきこと

旅のどこで出費を抑えて、どこにお金をかけるかは好みがハッキリ分かれるので、「宿泊費と食費」のコストカットをしたい旅人へ。

宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめてみました。ちなみに私は、バックパッカーで長期ひとり旅派。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、今回は<宿泊施設を選んだ場合>に限定して紹介。

ひとことで言えば、「ドミトリー」がやっぱり1番安い。

国にもよるけれど、ヨーロッパやオーストラリアでも、だいたい3,000円あれば1泊できちゃうから。東南アジアなら1,000円以下だったりも。

先進国ならネット予約が安いから、早く計画を立てて準備しておこう。

01.
「キッチン付き」はマスト

まずは基本の「き」から。

格安ホステルや、ゲストハウスなら付いていることが多いけれど、確認すべきなのはキッチンがあるかどうか!外食が高い国なら、自炊でかなりコストカットできる。基本的な調味料は揃っていることが多いし、フリーボックスには、誰でも好きに使っていい食材が置いてあったりもする。

出会った友達とご飯を一緒に作ったり、いろんな国の人の料理を見れるのもグッド。

02.
セキュリティの確認

安いぶんセキュリティーが心配なら、予約してしまう前に「オートロックかどうか・部屋に金庫があるかどうか」は、最低限チェックしよう。

男女共有ではなくて、<男性or女性専用部屋>を選ぶのもポイント。フロントでお願いしたら、日本人と同じ部屋にしてくれることもあるから、心細かったら聞いてみるのもアリ。

03.
クラブからは離れた場所へ

クラブ街だったり、もはやクラブが併設されているような所だと、困ったことにパーリーピーポーたちが部屋に男性を連れ込むことも(笑)。日本人的には考えられないけれど、結構おきる問題なんだよね。こうなると、女性専用の部屋を選んでも意味ナシ。

明け方まで外が騒がしいし、酔っ払った変な人の出没率も高まるから、いくら安くても立地は選んだほうが安心。

04.
Wi-Fiは無制限で無料がベスト

飛行機のLCCと同じで、アメニティで諸々お金を取られることがある。バスタオルは持参するとして、気をつけて欲しいのはWi-Fi。時間単位で有料なこともしばしば。

無料だと、みんなが使ってて繋がりにくいんじゃ?と思うかもしれないけれど、お金を払っても、弱くて使えないことはよくある。あらかじめ口コミで確認できれば1番だけど、自分の部屋で使えるかどうかは、チェックインしてみないとわからない。

ロビーでは繋がったのに、部屋に入ったら切れたってこともあるある。そんな時でも無料なら、「まあ仕方ない」って思えるでしょ?

05.
「HI」の会員になる

Hostelling International」は、約90ヶ国の4,000以上の格安宿・ユースホステルが登録されているサイト。会員になっておくと世界中にある同系列の宿で、10%以上の割引をしてもらえるのだ。よく海外に行く人は、知らないのはもったいない!

似たようなサイトは他にもあるけれど、登録料がかかってもココが断然オススメ。大きいネットワークだから、本当に大体の都市にはHIの宿がある。15以上の国で利用したけれど、多少の差はあっても清潔で、快適に過ごせてきた。それに会員証を持っておけば、国内施設でも割引してもらえるのだ。日産レンタカーとかも(割引に関して詳しくはこちら)。

【おまけ】
洗濯用の洗剤は、日本から持参

もし長旅で洗濯が必要なら、ランドリーでは別料金で洗剤を買わされる可能性大。しかも海外の洗剤だから、汚れが落ちていなかったり、変な匂いがすることも。

小さめのペットボトルに入れて、持っていこう。液体洗剤だとベタベタになるから、粉末洗剤がベスト。

関連する記事

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
東京・四谷のビジネスホテル「ホテル ニューショーヘイ」がコロナ禍限定の破天荒なキャンペーンを開始した。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
先月、宿泊予約プラットフォーム「CHILLNN(チルン)」から「未来に泊まれる宿泊券」に特化した新サービスがリリースされ話題となっている。キャッチコピーは...
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
ベルギーの「バーガーキング」が、6月9日からの営業再開に合わせて、またまたユニークな広告を作成。写真に写っているのは、営業自粛前にお客さんが忘れていった落...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
中山道の宿場町・奈良井宿(長野県塩尻市)に、約200年前の伝統的な古民家を改修して誕生する「BYAKU Narai(ビャクナライ)」が今夏8月4日(水)に...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
「白川八木邸」は、京都市から認定を受けた京町家の一棟貸し宿。日本庭園や枯山水、ひのき風呂など、京都を感じる要素が勢揃いです。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
東京から2時間以内。2-3日で非日常を過ごせる箱根、軽井沢、湘南、立川、埼玉のこだわりホテルを紹介。2020年にオープンした大注目のホテル5選
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
軽井沢の地で、料理を作ったり、コワーキングスペースで働いたり、そんな思い思いの旅を実現するホテル「232 work&hotel」をご紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
「ないものはない」という自虐的にも、それが価値ともとれるキャッチコピーで、地方創生を実現させた島根県隠岐諸島の海士町に、2020年7月、新たな複合型宿泊施...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。