バックパッカー旅、最強のパートナーは誰?

いま20代のあなたに質問です。20代の間に成し遂げたいことはありますか?

いくつもやりたいことが出てくる中で、“バックパッカーになること”を挙げたキミ。行きましょう、姉妹と。友だちや恋人ではなく、あえて姉妹を推奨する「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。

でも、最終的には一緒にいて楽な人であれば、誰だっていいんです。姉妹がいない人も、まずこの5つの特徴にハマる相手をバックパッキングパートナーの選定条件としてみてはどうでしょう。


20代の間に成し遂げたいことは、きっとごまんとあるでしょう。たとえば自分の目で世界を見てみる、とか。たまには居心地の良いところから抜け出して、広い地球を思いっきり探検したい、なんて思っているのでは?こんなときに姉妹のいる子ってラッキーなんです。なぜなら一緒にバックパッカー旅に行く相手なんて探さなくたって、姉妹と行けちゃうから

それに近頃「バックパッカー旅」を"やりたいことリスト"に入れているひとが増えている気がします。が、そりゃそうとも。生粋のアウトドア派であろうと、単なるインスタグラマーであろうと、バックパッカー旅はそれぞれに忘れられない経験を与えてくれますからね。それに20代のうちにチェックしておく項目としては、もってこい。数日(もしくは数週間)休みをとって相棒と世界を旅できるのなんて、言ってしまえばいまのうちですからね。

その旅行相手に姉妹を選んでしまえば、変に気を遣う必要もないのでとにかく楽。たくさんのサプライズに見舞われるバックパッカー旅行には、このような関係性が一番。でもそれ以外に姉妹と行くべき理由とは?と乗り出すあなたのために、気になる理由を5つに絞ってみました。

01.

幼少期の思い出話で盛り上がれる

5449540068966400

日帰りで済ませるとしても、1週間かけて行くとしても、バックパッカー旅というのは絶景にため息をこぼす瞬間ばかりじゃありません。たしかにそれは理想ですし、飽き飽きしなければ最高ですが、やがて景色に退屈してしまうのが現実です。

美しい景色に囲まれているのに、足首は疲れ気味。「家でリアリティショーでも見ておけばよかった」と半ば後悔しているときこそ、姉妹の存在が救いです。そんなときは、ふたりの幼少期を振り返り、お菓子の袋を開けて、笑い話を掘り出しましょう。

02.

一生忘れない思い出を

一緒に作れる

姉妹の特技ーーそれは、お互いの恥ずかしい事件をぜんぶ覚えていられること。バックパッカー旅の間も、数えるのが面倒になるくらいこけたり、寝袋を雨でびしょ濡れにしちゃったり、乾燥した夕食に水を入れすぎたり…。彼女の記憶に追加されてしまえば、それは一生色褪せない思い出に。

でも、いいことだってちゃんと覚えていてくれるから、嫌いになれないんですよね。ならば、ふたりで一緒にバックパッカー旅をやり遂げたことだって、写真を見るたびにほころぶ思い出として記憶に残るはず。

03.

ふたりでシェアできるものなら、

余分に持たずに済む

5850206964809728

バックパッカー旅の何が一番大変かって、担がないといけないギア。友だちやそこそこの間柄の人と行くってなるとなかなか担ぐものを分担できないので、ギアがとにかく重い。でも、姉妹といけば、持っていくものも簡単に分担できちゃうんです。たとえば寝袋はどちらかが持って(大抵は妹)、食べ物はお姉ちゃん、水筒はふたりで1本。

毎日モノをシェアしてきた習性が、バックパッカー旅のときに活きるだなんて。

04.

お互いの扱い方をわかっている

大変になっても、お互いを支え合える仲間、それが姉妹。

バックパッカー旅は、肉体的にも精神的にも疲れが溜まるものです。そんな苦痛の中でずっとニコニコしていられる人を私はあまり見たことがありません(もしあなたが笑顔でいられるタイプなら、それはそれで素晴らしいけど)。どちらかといえば、機嫌が悪くなってしまう人のほうが多いでしょう。

こんなときもあるからこそ、あなたのイヤな顔を散々見てきた姉妹が楽なんです。相手のやる気の出し方もわかっているから、扱いやすいですしね。どんな姉妹だって、最終的にはお互いの味方なんです。

05.

難関も、ふたりで乗り越えられる!

5594851429056512

私は精神的に余裕がないと、どうしても感情的になってしまいます。たとえば日帰り旅行や遊園地に出掛けたとき、エアコンがなかなか直ってくれないとき。いくら楽しくたって、疲れるときは疲れますよね。

でも、姉妹なら急に機嫌が乱れたって、驚いたりはしません。むしろバックパッカー旅の間に、何度かケンカが勃発するでしょう。でも長年一緒に過ごしてきたからこそ、ケンカだって自然と乗り越えられちゃうんです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
「Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんに言わせてみれば、「姉妹との旅行」は結構効く模様。姉妹がいなければ「心を許せる人」と...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...