アンチ盗難。見た目はシンプルだけど、機能満載な「バックパック」

使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。

僕の場合、バッグの中の構造がシンプルすぎると、よく中身がゴチャゴチャになってしまい、探してるものが見つからないときがあるので、つい期待してしまいます。

これから「ClickPack Pro」というバックパックについて、10の特徴を紹介するので、ちょっとだけお付き合いを。

01.
ロックがついている

309b18fdb442463af18ac6a73201dda0839132f3

海外に持っていくときも安心な、ロックつき。飛行機や電車のなかでも、比較的安心して眠れそう。

このサイトや動画では紹介されていませんが、この鍵はTSAロック。だから、荷物をチェックインしても、中身紛失の心配がありません。

02.
ワイヤーロックもある

351ab05c02c45a1173fc9c8e2bd8f1d734ebefdc

「実際、いつ使うの?」と疑問に思った人もいるかもしれませんが、海外で少し席を離れるときなどに役立ちます。

03.
カッターでも切れない

C6e54b3dd43318886e079940bb3e7541e563a5ed

「ロックが解除できないならカッターで」という盗難被害に遭いそうなときも、そもそも切ることができません。

04.
RFID BLOCK

02bd5588180f6870f4fe425a2750db03b7dc4f67

日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが「RFID BLOCK」は、簡単に言えばクレジットカードや電子マネー情報の抜き取りを阻止すること。

05.
反射板まで

497613f05d6543e6badce43d9ae19d926164c7aa

反射板が内蔵されているので、サイクリング時の安全性も確保。

ここまでが、セキュリティの紹介。いくつかは日本に住んでいるとつい「必要なの?」と思ってしまうけど、世界が求める基準はここなんですね。

06.
2つのパソコンケース

B452040fdd229f8247f10e3d3ba5c85bd7468c35

15インチのMac BookとiPadが入るのダブルレイヤーなので、2台持ちの人には嬉しい。

07.
2つのポーチ

8279a150ff759b897847c3b88ef73f9729c9298c

1つは日用雑貨用。もう1つは電子機器用。この画像の通り、中身を間違えないようにイメージも付いているので、わかりやすい!細かい気配りが嬉しいです。

08.
USBポート付き

257380869fae2f778a184a0731a1f2a19a8deb57

バック自体にUSBポートが付いていて、どこでも充電できます。

09.
折りたたみ傘
or
水筒入れ

F23dbb6c11e3b8ffd43f20a850f703a9fecad2cf

旅先で、突然のスコールに襲われたときも活躍。

10.
収納スペースがあちこちに

4b2a3ff6def3db1ba6f9d5923a6f7455308766ac

至るところに収納がありますが、ポイントはそんなに収納があるようには思えない「シンプル」なデザインに落とし込んだところ。

Cfde44e4bf8df0586fd9feaa8df33b0b525b78b3

そんな、開発者たちのこだわりと遊び心が詰まったこの「ClickPack Pro」は、119ドル(約13,000円)から購入可能。

現在もクラウドファンディング中で、期限を約1ヶ月残しつつも、目標額はすでに達成済みとのこと。

僕は、いつもバックの中身が荒れているタイプです。これを機に、収納を小分けにできる男に生まれ変わるのもアリかもしれません。

Licensed material used with permission by Korin Design
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...