アンチ盗難。見た目はシンプルだけど、機能満載な「バックパック」

使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。

僕の場合、バッグの中の構造がシンプルすぎると、よく中身がゴチャゴチャになってしまい、探してるものが見つからないときがあるので、つい期待してしまいます。

これから「ClickPack Pro」というバックパックについて、10の特徴を紹介するので、ちょっとだけお付き合いを。

01.
ロックがついている

海外に持っていくときも安心な、ロックつき。飛行機や電車のなかでも、比較的安心して眠れそう。

このサイトや動画では紹介されていませんが、この鍵はTSAロック。だから、荷物をチェックインしても、中身紛失の心配がありません。

02.
ワイヤーロックもある

「実際、いつ使うの?」と疑問に思った人もいるかもしれませんが、海外で少し席を離れるときなどに役立ちます。

03.
カッターでも切れない

「ロックが解除できないならカッターで」という盗難被害に遭いそうなときも、そもそも切ることができません。

04.
RFID BLOCK

日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが「RFID BLOCK」は、簡単に言えばクレジットカードや電子マネー情報の抜き取りを阻止すること。

05.
反射板まで

反射板が内蔵されているので、サイクリング時の安全性も確保。

ここまでが、セキュリティの紹介。いくつかは日本に住んでいるとつい「必要なの?」と思ってしまうけど、世界が求める基準はここなんですね。

06.
2つのパソコンケース

15インチのMac BookとiPadが入るのダブルレイヤーなので、2台持ちの人には嬉しい。

07.
2つのポーチ

1つは日用雑貨用。もう1つは電子機器用。この画像の通り、中身を間違えないようにイメージも付いているので、わかりやすい!細かい気配りが嬉しいです。

08.
USBポート付き

バック自体にUSBポートが付いていて、どこでも充電できます。

09.
折りたたみ傘
or
水筒入れ

旅先で、突然のスコールに襲われたときも活躍。

10.
収納スペースがあちこちに

至るところに収納がありますが、ポイントはそんなに収納があるようには思えない「シンプル」なデザインに落とし込んだところ。

そんな、開発者たちのこだわりと遊び心が詰まったこの「ClickPack Pro」は、119ドル(約13,000円)から購入可能。

現在もクラウドファンディング中で、期限を約1ヶ月残しつつも、目標額はすでに達成済みとのこと。

僕は、いつもバックの中身が荒れているタイプです。これを機に、収納を小分けにできる男に生まれ変わるのもアリかもしれません。

Licensed material used with permission by Korin Design
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...