なんだかんだ毎日使ってる「ナップパック」。

“このパック、何に使ってるの?”と聞かれると、返答に困ります。

ちょっとそこまで買い物に行く時、コーヒーを飲みに行く時、ジムに行く時、銭湯に行く時。最近だと、スキー場でタオルやサングラスなんかを入れて背負ってました。

明確な用途があるわけじゃなくて、なんか便利そうだな〜と思って購入して使ってみたら、とっても便利でした……という「ナップパック」です。

ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽さです。

軽さ以外にも、肩紐が食い込まないようにテープになっていたり、アジャスターがラダーロックで長さ調整がしやすかったり、開閉が簡単なクイックオープン仕様になっていたり、凡百のナップサックとは一線を画す使いやすさ。

ゆえに商品名も「ナップサック」ではなく「ナップパック」となっています。

ストリートでも映えるカラバリも魅力的。公式オンラインショップで購入可能です。

 

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...