世界一の「防水バックパック」がダテじゃなかった

そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。

デザインや容量、背負いやすさ云々。こうした特徴こそ、本来的に多くの人が重視しているポイントであることは百も承知。

そのうえで、です。このプロダクトを紹介するのは。

「世界一の防水力」を備えるバックパック。きっと、あなたの想像以上。

防水性の検証にそこまでする?

© Jacopo

こちらが件の「Riviera」。中にPCやスマホを入れた状態で水中に沈めたとしても、まったく問題ないのだそう。

ここでは、そのセールスポイントの説得力をこれでもか(!)と高めるGif動画をいくつか。正直言って、そこまでする必要ある?

© Jacopo

ジャブジャブ水中に沈めても、中のPCは平気。

© Jacopo

なんならビート板としても使えるレベル。

© Jacopo

雪に埋めても無問題。

© Jacopo

これはオマケ。「耐水性」ではなく「耐久性」の検証です。高いところから落としても、びくともしないタフさ。

普段の生活の中で、バックパックをうっかり川に落としてしまうなんてことはないだろうし、雪山に忘れてしまうこともない。そういう意味ではややオーバースペックな印象もあります。

ただし実際に欲しいと思う人は相当数いるようで、クラウドファンディングでは目標額に対して13倍以上もの資金調達に成功しているんですよ。

Top photo: © Jacopo
Reference: Kickstarter

関連する記事

ありそうでなかったバックパックの登場です。
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
スマホとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載したバックパックが「サムソナイト」から登場。ショルダー部分にジェスチャーするだ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
バッグ一筋10年の「WOHLBEGE」ブランドから、紙素材の超軽量バッグが登場。耐久性に優れており、紙素材でありながら防水性能まで完備。
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
いつでもどこでも手軽にハンモックが楽しめるバックパック「HackedPack V1.1」が応援購入サービス「Makuake」で今月27日まで特別価格で購入...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
「Xero Backpack2.0」は、台湾の「Buron Creative Group」社が独自開発したマルチチャネル空気圧分散システムを搭載したバック...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
驚異の防水性能と通気性を実現した究極の防水スニーカー「VOBO(ウォボ)」が誕生。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
海やキャンプにいくなら、バッグを開けずにスマホが使えて貴重品も濡らさない画期的な防水サコッシュ「bitplay・AquaSeal」がおすすめ!
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。