1万アンダーのトラベルバッグを探している旅好きへ

トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの人にとっては関係ないかもしれません。旅行であれ、出張であれ、鞄はバックパックの一択という人が増えているから。

両手が使えるという利点もさることながら、“ビジネスマンでも機能重視でバックパックを背負ってOK”という世界的風潮が後押し。空港でもスマートなジャケットスタイルにバックパックをあわせている人を多く見かけるようになりました。

もはやバックパッカーとは貧乏旅行者のことじゃない。アクティブに移動する人、すべてがバックパッカーなのです……と、新しい定義が済んだところで、『Cabin Zero』というバッグブランドです。

すでに人気は世界規模!?
ポップなカラバリもいい感じ

以上、Instagramの『Cabin Zero』公式アカウントから。イギリス発のブランドですが、世界中の旅好きに支持されているのがわかります。

「機内持ち込み可能」と「コスパ」
2つの魅力に惹かれる

さて、旅に特化したバッグブランドは数あれど、『Cabin Zero』のポイントは2つ。

①機内持ち込みサイズであること(それでいて容量はしっかりと!)

②手の届きやすい価格であること

荷物の小分けに役立つポケットといった部分は当たり前すぎるので言及しません。上記2点にフォーカスしたことこそが『Cabin Zero』の勝因ではないかと。

まず①ですが、旅慣れた人なら機内持ち込みか否かの分かれ道が、旅にとっていかに重要かわかるはず。荷物を預ける、受け取るという作業が発生しない分、スピーディーにコトは済みます。

次に②に関して。同ブランドの44リットルのバッグパックでも、日本国内の実勢価格は8,800円(税別)となんと1万アンダー。サイズを考慮すれば、この価格はプチプラとも言えるものです。それでいて、決してチープな作りではないのも付け加えておきます。

もしも紛失した場合も……

これでもまだ満足しないアナタには、ギミックをひとつ。『Cabin Zero』のバッグにはOKOBAN(okoban.com/ja/)というシステムが採用されています。個々のバッグには番号が振り分けられており、それを登録しておくことで、もしも紛失した際でも持ち主がアナタと特定できる仕組みです。

最後に、ここまでトラベルバックとして推薦しておきながらなんですが、このルックス。旅先ではもちろん、シティユースにもよさそうです。スクエア型のバックパックは、ビジネス&カジュアルシーンの両方で流行中ですし。日本国内ではファッション系のセレクトショップでも幅広く展開中ですよ。

Photo by Cabin Zero

関連する記事

ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
サンフランシスコを拠点とするバッグブランド「Aer」とホテルブランド「ナインアワーズ」が異色のコラボレーション。シティトラベルに最適なキャリーバッグのコレ...
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
Twitterトレンドの1位になるほどの話題性と人気を誇る「養命酒エコバッグ」が当たるプレゼントキャンペーン実施中!
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
バッグに特化したイタリアのオンラインプラットフォーム「up to you anthology」のために「nendo」がデザインしたハンドバッグ「mai」が...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
ベルギーの人気バッグブランド「キプリング」が「コカ・コーラ」とコラボしたコレクションを発表。再生ペットボトルを使用した初となるバッグコレクションでもある今...
「LORINZA(ロリンザ)」のトラベルポーチは、朝の時短に役立ちます。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC BAG」。保温・保冷機能を搭載したピクニックバッグだ。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。