1万アンダーのトラベルバッグを探している旅好きへ

トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの人にとっては関係ないかもしれません。旅行であれ、出張であれ、鞄はバックパックの一択という人が増えているから。

両手が使えるという利点もさることながら、“ビジネスマンでも機能重視でバックパックを背負ってOK”という世界的風潮が後押し。空港でもスマートなジャケットスタイルにバックパックをあわせている人を多く見かけるようになりました。

もはやバックパッカーとは貧乏旅行者のことじゃない。アクティブに移動する人、すべてがバックパッカーなのです……と、新しい定義が済んだところで、『Cabin Zero』というバッグブランドです。

すでに人気は世界規模!?
ポップなカラバリもいい感じ

以上、Instagramの『Cabin Zero』公式アカウントから。イギリス発のブランドですが、世界中の旅好きに支持されているのがわかります。

「機内持ち込み可能」と「コスパ」
2つの魅力に惹かれる

さて、旅に特化したバッグブランドは数あれど、『Cabin Zero』のポイントは2つ。

①機内持ち込みサイズであること(それでいて容量はしっかりと!)

②手の届きやすい価格であること

荷物の小分けに役立つポケットといった部分は当たり前すぎるので言及しません。上記2点にフォーカスしたことこそが『Cabin Zero』の勝因ではないかと。

まず①ですが、旅慣れた人なら機内持ち込みか否かの分かれ道が、旅にとっていかに重要かわかるはず。荷物を預ける、受け取るという作業が発生しない分、スピーディーにコトは済みます。

次に②に関して。同ブランドの44リットルのバッグパックでも、日本国内の実勢価格は8,800円(税別)となんと1万アンダー。サイズを考慮すれば、この価格はプチプラとも言えるものです。それでいて、決してチープな作りではないのも付け加えておきます。

もしも紛失した場合も……

これでもまだ満足しないアナタには、ギミックをひとつ。『Cabin Zero』のバッグにはOKOBAN(okoban.com/ja/)というシステムが採用されています。個々のバッグには番号が振り分けられており、それを登録しておくことで、もしも紛失した際でも持ち主がアナタと特定できる仕組みです。

最後に、ここまでトラベルバックとして推薦しておきながらなんですが、このルックス。旅先ではもちろん、シティユースにもよさそうです。スクエア型のバックパックは、ビジネス&カジュアルシーンの両方で流行中ですし。日本国内ではファッション系のセレクトショップでも幅広く展開中ですよ。

Photo by Cabin Zero
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
サンフランシスコを拠点とするバッグブランド「Aer」とホテルブランド「ナインアワーズ」が異色のコラボレーション。シティトラベルに最適なキャリーバッグのコレ...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、14種類紹介!
バッグに特化したイタリアのオンラインプラットフォーム「up to you anthology」のために「nendo」がデザインしたハンドバッグ「mai」が...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC BAG」。保温・保冷機能を搭載したピクニックバッグだ。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
「LORINZA(ロリンザ)」のトラベルポーチは、朝の時短に役立ちます。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...