「探してた」って人、多いのでは?カラフルなプラスチックバッグ

“チャック(ファスナー)の付いたプラスチックバッグ”という商品ジャンルを考えた時、ジップロック®とIKEAのISTADがツートップでしょう。

サイズやカタチも豊富。食品保存のためだけでなく、化粧ポーチにしたり、旅行時のパッキングに使ったり、シューズを入れたり、スマホを入れたり……いろんな使い方があります。超便利。まあ、僕なんかが言うまでもなく、みんな使ってると思います。

ここで紹介したいのは、第三のプラスチックバッグ。

その名も「pake」です。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

見ての通り。カラフルで、気の利いたプリントが入っていて、素材もしっかりしています(←コレ大事。なぜなら使い捨てないから!)。便利というだけでなく、使いたくなる、好きになる、そんな要素がしっかりある。もちろん、何を入れるかはその人次第。

こういうの探してたって人は多いはず。

写真の私物以外にも、サイズや色のバリエーションがたくさんあります。

詳しくはWEBサイトをチェックしてみて!

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
カラビナ部分だけじゃなくて、ベルトや糸、キーリングまで色が統一されていて、洒落っ気たっぷり。バッグのハンドルなんかに付けて、アクセントとして楽しむのにちょ...
スポーツ用品大手の「アシックス」は、世界中の直営店で使用されている「プラスチック製ショッピングバッグ」を廃止すると発表。2020年から順次、紙製バッグへと...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
「無印良品」や「MUJIブランド」を展開する「無印良品」は、今年6月末までに、すべての店舗でプラスチック製のショッピングバッグの使用をやめ、紙製のものに変...
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト