アメリカ人が答えた「身の回りのクリーニング頻度」多い?少ない?

身の回りにあるものって、どのくらいの頻度でお手入れをするか迷いますよね。使ったあとに毎回洗うものや、定期的に大掃除したほうが良いものなど。

でも、所変われば理想の掃除頻度も違うのかもしれません。女性ライターAngel Changが米・人気サイト「Little Things」にまとめた理想のクリーニング頻度は、日本人的な感覚ではちょっと「?」もありましたが、あなたはどう思いますか?

01.
ベッドのシーツ
週1回

ベッドのシーツの理想の洗濯頻度は、週1回。寝ている間の汗や皮脂がたっぷり染み込み、放置するのはとっても不潔。

02.
バスタオル
3~4回使った後

バスタオルの理想の洗濯頻度が、「3~4回使った後」というのはちょっとオドロキ。毎回新しいタオルを使いたい日本人としては、ちょっと許容できないかも。さらにアメリカでは「なんでキレイな体を拭いているのにそんなにマメに変えなきゃいけないの?」という感覚の人も多いのだとか。

03.
食器用布巾や台布巾
週1回

食器やキッチンカウンターを拭くための布巾は汚くなりやすいので、洗濯頻度は週1回。1週間も同じ布でお皿を拭くの!?とギモンが浮かびますが、これにはコメント欄のアメリカ人たちも「汚い!」とご立腹。

04.
マットやラグ
週1回

マットやラグを掃除機で吸うのは週1回ほどが理想だそう。これは確かに…と思いきや、彼らは家の中でも土足の場合が多いので、もっとマメなほうが嬉しいかも?

05.
オーブン
6ヶ月ごと

アメリカの家庭にある大きなオーブン。掃除の頻度は6ヶ月ごとが理想とのこと。

06.
冷蔵庫
3ヶ月ごと

冷蔵庫は3ヶ月に1回を目安に、食品をすべて出して大掃除しましょう。

07.
階段や踊り場
週1回

汚れがたまりやすい階段や踊り場の掃除頻度は、週1回。

08.
鍋やフライパン
年に3回

もちろん使うたびに洗いますが、「AllYou」によれば、年に3回ほど屋外で大掃除をするほうがいいとのこと。広い空間でホースを使って、水と石鹸を鍋やフライパンにかけて特別な手入れをしましょう。

09.
財布
週1回

財布をキレイする、という習慣がある人は少ないかもしれませんが、ついつい色々なものを放り込みがちなお財布は、週に1回すべてのものを出して掃除しましょう。いらないレシートやポイントカードでパンパンになっていませんか?

Licensed material used with permission by littlethings.com
アメリカの企業が開発した「Tersa Steam」というクローゼット、単に本来の役割だけでなく、自動で洋服のシワを伸ばしてくれるスチームクリーニング機能付...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。減ると不安になったり、そも...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
〈Zoff〉で売ってるクリーニングクロスです。美味しそうなパッケージにヤラれて購入した、いわゆるジャケ買いアイテムですが、なかなかのスグレモノ。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。