日本人でもなかなか答えられない!?不思議の国「ジャパン」の雑学5選

日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと、日本で目にするさまざまなことに疑問を感じるに違いありません。

そんな外国人に「日本について質問」をされたら、あなたはちゃんと答えられるでしょうか?

「話題の達人倶楽部」が編集した書籍『日本人の9割が答えられない 日本の大疑問100』より、答えられるようになっておきたい雑学をピックアップしました。

595b9203abb31259605382e6c833fb17281683e9

お城に魚(シャチホコ)が
載っているのはなぜ?

受験シーズンになれば「合格祈願」、厄年になると「厄除け」など、日本人はわりと神様へのお願いごとが好きな国民かもしれません。いわゆる「神頼み」です。

同じような考えは、ずっと以前の戦国時代にもありました。お殿様が住むお城にも、災厄を除けるため、まじないの品が備えられていたのです。そのひとつが有名な「シャチホコ」です。

シャチホコは、頭が虎に似て、体は魚という想像上の動物で、見た目は「大きな魚」です。シャチホコは雨を降らせる力を持つとされています。顔は前方に向け、背中をそらせて、尾を天に向けているのが特徴です。このシャチホコは、お城で一番高い建物である天守閣の屋根などに取り付けられました。

屋根に取り付けた意味は、火除けとされています。火事になったら、水の生き物であるシャチホコが水を吹き出して、延焼を抑えるといわれたからだそうです。

伝統芸能
「能」と「狂言」の違いは?

3baf13aabef143f3cb19a521599c07a668ec40ef

日本人にとっても、能と狂言はなかなか区別がつきにくいもの。

その違いをテレビ番組に例えると、能はシリアスドラマ、狂言はお笑い番組といえます。

能は人間の情念、深い心理などをテーマとして扱うものです。役者は能面で顔を覆い、その面の動きや角度によって喜怒哀楽のすべてを表現します。

一方、狂言は人間社会のおかしさを扱います。役者が演じるのは貴族や武士、一般の庶民など身のまわりによくいる人物たちで、彼らがおかしな行動や言葉、動きによって観客の笑いを誘います。

と、これだけの違いがありますが、もともとこの2つは同じ芸能でした。

その源流は、平安時代に生まれたといわれる猿楽です。猿楽は、サーカスのような曲芸や手品、モノマネなど、多種多様な要素を含む芸能だったのです。それをもとにシリアスな要素が能に、お笑いの要素が狂言に、と分かれていったのです。

お侍さんは、なぜ
チョンマゲを結っていたの?

かつて日本の侍は刀を腰に帯び、頭にはチョンマゲを結っていました。

武士がチョンマゲを結っていた理由は、戦いのときに頭を守る兜にあります。鉄の帽子である兜は、長時間着用していると当然蒸れます。そのため、兜をかぶるときは頭頂部を剃っていました。残った後頭部の髪の毛を束ねていたのが始まりとされます。

なお、チョンマゲは武士だけのものではありません。一般の男性もチョンマゲを結っていました。ただし、チョンマゲにはさまざまなバリエーションがあり、身分や職業、その時々の流行によって形に違いがあったと言われています。

日本のタクシーは
なぜ自動ドアなの?

3e653ece5cedfed8acd346992b65764ee10ca0d0

1964年の東京オリンピックをきっかけに登場した有名なもののとして、タクシーの自動ドアがあります。

1950年代後半にはすでに開発されていたようですが、1964年に東京の大手タクシー会社が、新車にこぞって導入したことから一気に普及しました。オリンピックをきっかけに増加する「海外からのお客様をおもてなしするため」に、多くのタクシー会社も自動ドアを導入したとされています。

つまり、日本のタクシーはなぜ自動ドアなのか?その理由は、外国人観光客への「おもてなし」の気持ちの現れといえるのです。

さて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、注目されているのは自動ドアどころか、ドライバーがいなくても乗客を目的地まで運ぶ「自動運転手」です。「ある場所から競技場までの往復」など限定的ではありますが、実用化が期待されています。

日本のパトカーが
白と黒になった理由は?

白と黒で連想するものは? 日本人なら警察のパトロールカーを思い浮かべる人もいるかもしれません。車体の上半分が白で下半分が黒というツートンカラーのパトカーは、日本独特の配色だそうです。

日本に初めてパトカーが登場したのが1949年。アメリカ軍からオープンカーを譲り受け、アメリカのパトカーと同じように白と黒に塗り分けたのが第1号。その理由は、当時道路を走っている一般車のほとんどが白だったことから、一般車と明確に区別するためでした。1955年に、全国の警察で白と黒のツートンカラーに統一されたそうです。

ちなみに警察庁ではパトカーについて「車体を白黒に塗って赤色灯と拡声器を備え、都道府県名を表示する」という指針を設けてはいますが、細かい規定はないそうです。

日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
世の人が下ネタを好むのは万国共通です。性の話というのは、噂がもつ覗き見趣味的ないやらしい性格と相性が合うのでしょう。ここで紹介するのは、外国の人々が日本人...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
もう、何度もこういう写真を見ている。そして、だいたいが外国人フォトグラファーだ。そして、だいたい彼らはこう言う。「働きすぎのロボットみたいだ」と。
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...