『NYTIMES』が選ぶ「今年の100冊」にランクインした日本人4人は......すべて女性!

『The New York Times』の書評担当者たちが、毎年末に「今年注目された100冊」を紹介しているのをご存じ?

2020年、4人の日本人作家が選出されたのだが......なんと全員が女性!

恩田陸氏柳美里氏村田沙耶香氏川上未映子氏の著作に、編集部独自の紹介文を添えて、フィクション部門に掲載している。

この特集サイトのおもしろいところは、あらすじだけでなく、文体の特徴にも言及しているところだ。

書評のプロだけあって、その着眼点はストーリーだけに留まらず、筆致読みやすさテーマの社会的意義にも及ぶ。

たとえば、川上氏の著作『乳と卵』の紹介文では「豊胸手術や精子提供を考える大阪の姉妹の姿を、しなやかで肩肘を張らない文章で綴り、二世代の女性たちに対して、身体の現実と、社会からのプレッシャーを問いかけていく」とコメント。

しなやかな文章って?2人にのしかかる社会の圧力とは?

コンパクトながら、思わず作品を読みたくなってしまう紹介文は、多彩なニュースを迅速に放ってきた同紙ならでは。

日本語版とは装いをガラリと変えた翻訳版の表紙も、見どころのひとつ。お正月のお供に、コチラで素敵な本を探してみるのはいかが?

Top image: © iStock.com/Sergey Tinyakov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事