NYの死亡証明書、「第三の性」が選択可能に

米国ニューヨーク市は、来年1月2日より死亡証明書の性別欄に「ノンバイナリー」の選択肢を追加すると発表した。

性別欄の「Male(男性)」「Female(女性)」に続く「X」という選択肢。新たに追加されたこの第三の性は、「ノンバイナリー」と呼ばれる自身の性別を男性と女性のいずれかに限定することを難しいと考える人のためのもの。

ニューヨーク市ではすでに出生証明書と運転免許証で、第三の性別を選択可能であったが、今回の決定によってまたひとつ性差の壁がなくなることに。

ファッションモデルやアーティストによる相次ぐ「ノンバイナリー」の公表により、急速に多様化が進んでいる同国。ニューヨーク市のほか、現在では少なくとも16の州で運転免許証か出生証明書で第三の性別の選択が可能となっている。

この時代と文化の流れが今後どのような速度と広がりをもって世界へと波及するのか注目したい。

Top image: © Laurin Rinder/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
この記事では、ジェンダーフルイドの意味やノンバイナリーとの違い、ジェンダーフルイドなファッションについても紹介していきます。
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。