「ニューヨーク」にできた新ランドマークから「摩天楼」を一望!

ニューヨーク・マンハッタンの再開発地区「Hudson Yards(ハドソンヤード)」に建てられた超高層ビル「30 Hudson Yards」。地上335メートルと世界で5番目に高いというビルの屋上に、屋外展望台「Edge」が誕生。

地上からわずか60秒で到達するという、同ビル100階にできたこの展望台。床と壁には全面ガラスが張られ、マンハッタンを360度見渡すことができるとか。

また施設にはショッピングモールオフィス住宅施設などが入り、来月からオープンする予定。展望台の入場チケットは子供$33(3600円)、大人$38(4100円)から。オンラインサイトから予約をすると$2の割引となるよう。

ニューヨークに誕生する新たなランドマーク。訪れた際には、川に囲まれた摩天楼を一望してみたいものだ。

© agrandemaca/Instagram
Top image: © iStock.com/TomasSereda
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。