あなたはいくつ知ってる?ニューヨークの豆知識(16選)

世界でも人口密度が高い街の1つとして知られる、ニューヨーク。

いろいろな噂や伝説がありますが「Matador Network」がまとめていた、16の雑学がなかなか興味深かったので紹介したいと思います。

「えっ本当?」なものもありますが、調べてみるのもまたひとつの楽しみ。会話のネタにもなりそうなtipsを見ていきましょう。

01.
他の街と比べて
約7倍のコーヒーを飲んでいる

397fe16921e1299fd5e02ceb72e97409fa20719c

02.
使用されている言語は800ヶ国以上!?
世界一多様な街

03.
世界中でワルシャワの次に
ポーランド人の数が多い

04.
世界初、2018年に
「地下公園」がオープン予定

05.
NYに家がある人は
家の外にタダで木を植えてもらえる

D75ccdbf2ba21d52a7b674d6969f485cbd1793bd

06.
古代ローマは今のNYよりも
8倍の人口密度

07.
南極の15倍、雪が降る

08.
グランドセントラル駅の出発時刻表示は
ちょうど1分、ズレ
ている

68e98638d2125c6f5fb22c3b52f45f32e041ce82

09.
ニューヨーカーの
21人に1人が億万長者らしい

10.
ニューヨークの地下鉄では
虫からバクテリアまで
「15,152種類」の生命体が確認されている

11.
ホームレスの数の4倍、廃屋がある

12.
自由の女神がいるリバティ島の海は
じつはニュージャージー

B513352f362a1b072f9eda4aaf02f04940347319

13.
NY以外に住む場所が確実にあるなら
ホームレスのために市が片道航空券を買ってくれる

14.
夜遊びの相場は82ドル

15.
セントラルパーク周辺のホットドッグ屋台は
その権利だけで年間30万ドル

16.
アラスカと同じ人口密度にした場合
マンハッタンに住んでいるのは28人

Licensed material used with permission by Matador Network
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
この写真が撮られたのは、7月11日のニューヨーク。お天気は晴れのち曇りで最高気温は28度。何の記念日でもない普通の土曜日でしたが、この日の夕陽は特別だった...
11月12日、大統領選挙後の混乱をうけて、ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事が自身のSNSに力強いメッセージを投稿し、注目されています。ニューヨーク...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
あこがれの街。
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。