マンハッタンを見下ろせる「世界一高い木造タワー」が計画中。

現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持ち上がりました。

しかもこれ、都市問題を解決する機能を持ち合わせたものだとか。実現すれば、マンハッタンのランドマークがまたひとつ増えることに。

ため池の水をきれいにする塔

くだんのタワーは高さ220メートル、パーク内のため池の中に設計される予定だとか。ポイントは、それがどう都市の問題を改善するかという部分。

なんでも、このタワーにはため池の水をろ過するシステムが盛り込まれるそうで、水も浄化でき、さらにはランドマークとなれて、一石二鳥というわけ。たしかに、人間だけでなく、動植物にも好影響が期待できます。

新たな観光スポットに

もちろん、タワー上部へと登ることも可能。イメージですが、らせん状のスロープからは、360度マンハッタンの景色を楽しむことができそうですね。

ちなみに、タワーの上に設置されている風力タービンが、浄化システムと展望台まで上がるエレベーターを動かすエネルギーを作り出してくれるようなので、昇降もらくらく、しかもエコ。

木造らせんの
セントラル・パーク・タワー

このコンセプトデザインを発表したのはニューヨークのデザイン事務所DFA。構想段階といってもDFAは今までに木造のらせん建築を手がけているので、今回のタワーのデザインに関しても計算し尽くされています。現にこのタワーも強度を持たせるために、池の両岸からケーブルでしっかりと固定されるなど、具体的なアイデアも。

木の温かみとスパイラルな形状が組み合わさったデザインは、広大な緑の敷地を持つ都市公園の景観ともマッチしそう。

夜も夜できれいだろうなあ。

Licensed material used with permission by DFA
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでか...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
Big Benといえば、言わずと知れたロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計台。ですが、こちらはNYに建設計画中だという「The B...
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
発展が目覚ましい台北・東部の信義地区。このエリアに2017年内の竣工に向け、急ピッチで建設作業が続くタワーがあります。すでにその異様な容姿を目にした旅行者...
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
部屋の窓辺にぽつりと落ちてきた雨のしずく。一粒の水滴に目を凝らすと、自分が生まれ育った街の印象が、全く違って見えたんだ──。水滴の表面に映り込む都市をマク...
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua ...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて