高さ300mの壁で囲んだ、新しい「セントラルパーク」が圧巻!(米・NY)

所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。

「NEW YORK  HORIZON(ニューヨークの地平線)」と呼ばれるこのデザイン。Yitan SunとJianshi Wuという2人が担当したもので、アメリカの建築雑誌「evolo」が募集した超高層ビルのアイデアコンペ2016で1位を受賞したそうです。

「大都市」と「大自然」
共存

現状のセントラルパークは、約2.0平方kmと決して広いものではありません。しかしここで提案されているデザインでは、掘り下げることで、公園の下に隠された岩盤(山)を表に出し、新たな崖に沿ってスペースをつくるという大胆なもの。

この計画では総床面積は約11.25平方kmとなり、エンパイアステートビルの80倍に匹敵するとか。

「伝統的な『景観と建物の関係性』を逆転させる」

という彼らの野望通り、想像以上の「大自然」が目の前に広がっています。

高さ1,000フィート(約300m)、地下100フィート(約30メートル)という構造になっていて、側面には反射率の高いガラスカバーを設置。

そう、まさに地平線のよう!

ニューヨーカーが
都市生活を脱出するために

工事の際に取り除かれた土は、周囲の様々な都市に分配されて、新たな建築物に使用するという計画も立てられていて、抜かりはなし。

忙しい毎日を送るニューヨーカーが、ひとりでも多く自然に触れてリラックスできるように、と考えられたNEW YORK  HORIZON。

コンペ用のデザインコンセプトではありますが、「未来の都市のあり方」を改めて考えるきっかけになりそうですね。

Licensed material used with permission by New York Horizon
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪6...
ニューヨークでは、今年も「サマーストリート2019」が開催。毎年恒例となったこのイベントでは、8月3日、10日、17日の土曜日、ブルックリンブリッジからセ...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!