大都会に住むならNYのこんなアパートに

大都会に住んでいると、他人とのコミュニケーションが希薄になり孤独を感じがち。

そこで、隣人との繋がりが生まれるよう構想された建築プロジェクトが先日ニューヨークの住宅コンペティションで表彰されました。それが「Tabletop Top Apartments(テーブル・トップ・アパートメンツ)」。

舞台となるのはニューヨーク。この住宅は、丸や正方形、長方形の天板をもった4本脚テーブルのようなモジュールが積み上げられていった構造。各フロアごとにそのモジュールの構成も数も違ってつくることができ、ニューヨークの様々な敷地のサイズにも対応できる柔軟な構造になっています。

3つの異なるテーブルトップ形状により、それぞれのモジュールにある4本の柱とで余分なスペースがつくられます。

こうして意図的にうまれたズレが各所に光や空気も取り入れる領域を生み出し、健康で持続可能な隣人との交流空間となります。ここでは、上階や下階の人とも顔を合わせる機会も生み出せる設計になっています。

モジュールシステムにより手頃な価格でも生み出せるこの住宅。あくまでコンセプト案でしかありませんが、将来できたならば、住人同士の何気ない会話が生まれ、大都会に住む寂しさも軽減されそうです。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
大学生の頃『Sex and the City』に夢中になり、それからというものニューヨークに憧れ続けていた。あれから10年。ほんの旅行のつもりで訪れたNY...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
もしも、こんな家が実際にあったなら。と、想像だけで十分かもしれませんが、文字通り「バランスのとれたカップル」におあつらえ向きな家がデザインされました。だけ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
昔ほど「一度は都会に出るべきだ」という風潮は弱まりつつありますが、それでも今だに多くの若い世代が「都会に住むこと」に憧れているもの。なかには都会に住むこと...