土曜、新宿、女ひとり。うっかり終電逃したら、「やすらぎのアパート」に辿り着いた。

深夜の歌舞伎町、それはカオス。道になぜか散乱する遊戯王カードを踏まぬよう、お店のビルからヌルッと脱出。終電は…ない。

あ〜あぁ、やっちゃった。

よりにもよってサタデーナイト。行きつけのネカフェは満室だし、眠らない街のホテルもおそらく満室(そもそも年頃の女ひとりは気がひける)。おまけに、オールするには体力がないと来た。はっきり言って、何気に「詰んでる」。

だってこういう時、特に女だとどうしていいかわからなくない?タクシーで帰れる距離でもなし。男の先輩はこの間公園で寝たって言ってたけど、曲がりなりにも20代女子。さすがにいいかげんなとこで夜は明かせません。

あ〜、もう無理、寝たい寝たい。変な照明のない風呂場のシャワーが浴びたい。広くて静かな所に行きた〜い!

ぽちぽちスマホを押してたら、そういえば、前になんかツタヤが24時間の何かをやってるとか聞いたな〜なんて思い出した。早速、「TSUTAYA 新宿 24時間」で検索検索。

これが素敵な夜の始まりだとも知らずに…

ここ、本当に深夜2時の新宿!?

4781035522883584

※この写真は公式のものなので、外が昼です。

てんやわんやの歌舞伎町を抜けて数分、たどり着いたのが、「TSUTAYA BOOK APARTMENT」。なにこの、クリーンな空間。もう外とは全く空気が違う。ボロボロの心身が癒される。なんですかこれは。オアシスですか。

受付で利用時間を決めて料金を払ったら、あとは好きな本を読みながら好きなところでくつろいでOK、驚きの24H営業施設。朝まで凌げる6時間パックは、2,800円でオプションのシャワーも付いて来た!救いでしかない。

あっ、Tポイントカードあります。

そうそう、受付で書類を記入した時に、Tポイントカードを出しました。さすがTSUTAYA。ここ、利用するとポイントつくんだそうで。しかも置いてある書籍は購入可能で、買うと2倍のポイントがつくんだそうで。

ちなみに、私知らぬ間にレンタル期限切れちゃってたんですけど、店員さんが笑顔で「更新しておきました!」って言ってくれた。やさぐれた心に、しみるしみる。

ロッカー、個室、女性ブース完備

カードキーをもらって中に入ると、専用ロッカーに貴重品を預けられるようになっていた。寝床さえあればなんでもいい、なんて思ってたのになんだかワクワクして来たぞ。

6345551448637440

+500円で使える、ベッドの個室ブース。横になって熟睡も可能なのだ。

6493090554576896

6F女性専用エリアにはお化粧台も!他にも、12畳ぶんの共有スペースで女子会も開けちゃうんだって。普通に昼間も遊びに来たい。

蔵書に心奪われ、朝。

でも何よりも、嬉しかったのが蔵書の幅広さ。美術史関連から旅行のガイドブック、漫画、新書、雑誌、なんでもござれ。シャワーも浴びてスッキリしたら、大きなクッションの上で眠気も忘れて朝を迎えた。嘘でしょ、とても終電逃したダメ女の末路とは思えない。

まぁおかげで、すっごい寝不足だったんだけどね。なんだろうこの「やり遂げた」感は。購入した重たい本を大事に抱えて、朝日を浴びつつ電車でうとうと。のどかな日曜、今夜も読書に潰れそうです。

新宿の中で心置きなくくつろいで頂ける空間、特に女性のお客様には安心してご利用いただける店作り

を目指しているというTSUTAYA BOOK APARTMENT。

今度から、不安な夜はこの「アパート」に帰っちゃお。

ちなみに2月10日から、同ビルに23時まで営業で、TSUTAYA BOOK APARTMENTへのテイクアウトが可能なダイニングレストランもオープンしているんだって!詳しくはコチラ

Licensed material used with permission by TSUTAYA BOOK APARTMENT
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
仕事を頑張った自分へのご褒美に、深夜にオフィスを飛び出して、美味しいものを食べに行こう。明日はもっと頑張れる気がする。渋谷周辺の深夜2時まで空いている美味...
Uberドライバーをしている女性の体験談が、Twitterで話題に。なんと、たまたま乗せた女性の行き先が、自分の彼のアパートだった!?その日、私は空港でそ...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
世界中の小さな部屋を紹介するYouTubeチャンネルがある。『Living Big in a Tiny House』だ。この番組史上、最も小さい部屋の1つ...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
新宿の人通りは相変わらず多い。電車を降りたら、ミライナタワー改札を出て、NEWoMan(ニュウマン)の5階へ向かおう。目的地は、LUMINE 0(ルミネゼロ)。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
朝帰りするときって、疲れているし、ちょっと後悔もあるし、大抵テンションは低め。そんなときに聴いてほしいのがクラシック音楽。聴いた瞬間に、ちょっとだけ気持ち...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」でiphoneを使ったセルフィー&スナップを実施。「最近ハマっていることは?」や「地球最後の日、何をする?」といったアンケ...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...