「終電で帰らなかったこと」を後悔するまえに、これを聴いてほしい。

 「……飲みすぎた。」

朝帰りの道中って大抵気分はロー。どんなに楽しく飲んでいても、みんなと解散したあとには一抹の後悔と自責の念に苛まれる。のは、わたしだけじゃないはず(ですよね?)。

今から帰って寝たら起きるの昼過ぎになりそうだし、まず帰ったら帰ったでゴミ出さないといけないし、駅に向かって歩くすれ違う大人のひとたちなんかピシッとしているし、やたら朝日まぶしいし。

そんなときにはクラシックを。

例によって血圧も下がりまくったある土曜日の早朝に、下北沢の緑道を歩いていて気づいたんです。

「朝帰りとクラシック音楽、めちゃくちゃ合うな……?」

あやうく、終電で帰らなかった自分を大後悔するところでした。なにげなく聴いたクラシックが、朝帰りのダウナーな気分をすこしだけ軽やかにしてくれたんです。ピアノやヴァイオリンの豊潤な音色のおかげなのか、聴いた瞬間に自分を包む空気がふんわりと変わったわけです。

先に言っておくと、専門的な視点での曲紹介ではないからそこだけご注意を。でも音楽って、聴いて「心地よい」と思えることがいちばん大切だと思うんですよ。そんな信念だけをもって、3曲ご紹介しますね。

#01.
バッハ / 無伴奏チェロ組曲
第1番 〜プレリュード〜

「とにかく飲み過ぎて頭も痛くなっちゃって、自販機で水とか買って飲みながらふらふら歩く帰り道」には、バッハを。聴いた瞬間から、足早に歩く出勤中の人々がなんだか突然スローモーションに見え(るような気がし)ます。体感する時間のスピードが緩みはじめ、ふと澄んだ空気を吸い込んだら、なんとなく朝帰りも悪くないような気にもなってくるから不思議です。

いろんな事情があって音源を貼り付けることができないので、気になる人はこちらを。

#02.
モーツァルト / ピアノ・ソナタ
第16(15)番 ハ長調 K.545 Andante

「仕事でもプライベートも悲しいことや納得できないことばっかりで、つい愚痴りながら友達を巻き込んで朝まで飲んでしまった帰り道」には、モーツァルト。ゆっくりと流れる川を彷彿とさせるピアノの音が、上手くいかない自分をなぐさめてくれ(るような気がし)ます。朝まで飲んで愚痴ってしまった罪悪感も、こんなときだけは、その音に流してしまってもいいんじゃないでしょうか。

落ち込んでいるわけじゃなくても、いますぐ癒されたい人はこちら。 

#03.
ドヴォルザーク / 弦楽セレナーデ
ホ長調 第1楽章 Moderato

「ちょっとハメは外しすぎちゃったけど、なんだかんだ朝まで楽しく騒ぎながら飲めたから良い夜だった、と思いかえす帰り道」には、ドヴォルザーク。ハイだったテンションを急速に下げてくるあの早朝の帰路、ドライアイになりかけた目と痛くなった身体の節々を、やさしい光が包んでくれ(るような気がし)ますよ。

たまには自分の心と身体を労りたい、という人はこちら

なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ま...
バイオリンの弓こそ馬の「尻毛」が使われるけど、まさか人間の髪の毛を、それも弓でなく「弦」にしちゃうって…。これがクラシック音楽界の冒涜に値するかどうかの判...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ご...
政府によって真実を伝えることが難しいジャーナリストたちが考えたのは音楽ストリーミングサービスのプレイリストを使うこと。音楽ディレクターとコラボし、伝えたい...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
ゲレンデがガシガシ滑るのとは対称的に、フワフワの雪の上であくまでゆるーく滑るのは、一度やるとハマッてしまうこと間違いなし。
以前、編集部の女子たちとこんな会話をしました。「恋は、終電を逃したあとに動くもの」。
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
このところ、NYやLAに暮らすミレニアル世代の若者たちを中心に、あるデリバリーサービスが大人気。それが宅配ピザやケータリングのお寿司なら、ここまで大きな話...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
てくれるし、哀しいとき、ツラいときにはそっと寄り添ってくれる――。これって少しでも音楽が好きな人なら誰しも経験したことあるのでは?個人的にもナーヴァスなと...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、...