イギリスで大ヒットした「猫のための音楽アルバム」。2月22日、ついに日本へ!

ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウス猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成してしまったようです。

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの大手メディアでも取り上げられ、iTunes UKクラシックチャートでは1位も獲得したというこのアルバム。一体、どんな音楽なのでしょうか?

ねこのための音楽
-Music for Cats-

Fdb9b0005339cf72b82c777f9c26efaaa9b772bf

作曲したのは、ワシントン・ナショナル交響楽団などで活躍したチェリスト、デヴィッド・タイ氏。なんでも、動物学の研究者と一緒に、その聴覚を研究しながら曲作りをしたそうです。

彼らが発見したのは、動物の種別ごとに音の好みがある、ということ。また、人間は胎内で聞こえてくる音や生まれたばかりの頃に聞いていた音に安心するのですが、猫は胎内では音を知覚せず、生まれた後にはじめて聴覚が発達するという理論でした。

「Music for Cats」も、この理論をもとに作曲されたもの。子猫がおっぱいを飲むときの音や親猫の声などを楽器で表現し、その音を組み込むことで、猫がリラックスして聴ける音楽に仕上げているのです。

アルバムに収録されているのは、全5曲。

01. ロロの空間 / Lolo's Air
02. ケイティ・モスのキャットウォーク / Katey Moss Catwalk
03. タイガーリリとミミのミャウジカル / Tigerlili And Mimi's Mewsical
04. スクーター・ベレのアリア / Scooter Bere's Aria
05. サイモン・セッズ / Simon Says

ミュージカルならぬ、ミャウジカル。

“ヒト向け”以外の
アルバムでは史上最高位!?

C8e76f9c9c331fd604931e7fa058f5721dcfd61e

これまで、動物に向けたミュージックランキングがあったかどうかは定かではありませんが、iTunes UKクラシックチャート1位、全英アルバムチャート33位と、驚きのセールスを記録した『Music for Cats』。

kickstarter」でのクラウドファンディングでは、2万ドル(約225万円)の目標資金に対し、なんと10倍以上の24万ドル(約2,700万円)を超える金額が集まりました。

本当に猫の好みを掴めているの?という疑問も湧きますが、実際に聴かせてみたところ、普通の音楽には興味を示さなかった猫のうち、77%がこの曲には好感触を示したそうです。

アルバムを購入した飼い主さんたちのカスタマーレビューを見ると、

「半信半疑だったけど、熱心に聴いていた!」
「うちの猫はリラックスして幸せそうだったよ」
「このCDを買って本当に良かった。飼い猫2匹とも、ソファで満足して聴いていた」

など、なかなか好評の様子。

2月22日「猫の日」
ついに日本上陸

何とも気になるこのアルバム、日本ではユニバーサルミュージックから2017年2月22日の「猫の日」に発売される模様。

Apple MusicSpotifyからも、デジタル配信されています。視聴もできるようです。

B66dbcb702ec20def2ef7e144b8e1713e6fb6328

ちなみに…。作曲したタイ氏はさぞや愛猫家かと思いきや、じつは猫アレルギー。あくまでも研究として、まじめに動物のための音楽を作曲しているそう。

以前には、猿のためのヘビメタを作曲したという実績も!今後は集まった資金で、水族館にいるクジラや、虐待された犬のための「癒しの音楽」なども作曲していきたいということです。

Licensed material used with permission by UNIVERSAL MUSIC
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
1997年にベルギーでデビューした日本人のロックバンドを、イギリスの音楽紙「Melody Maker」は、「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃!...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
ヴェイパーウェイブがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介していきます。
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
リビングで猫とまったりしているときがいちばん幸せ。道で見知らぬ猫が寄ってくるなど、好かれやすい体質である。寝るときは羊の代わりに子猫をカウントする。そんな...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
気まぐれだけど、どこか愛らしい。猫には他の動物にはない、不思議な魅力がありますよね。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんも、そんな猫の魅力...
複数種の動物が混ざり合う架空の生き物「キメラ」のようだと話題のサビ猫、ヴィーナス。ただ珍しい模様というだけでなく、オッドアイの片目が青色というところからも...