イギリスで大ヒットした「猫のための音楽アルバム」。2月22日、ついに日本へ!

ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウス猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成してしまったようです。

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの大手メディアでも取り上げられ、iTunes UKクラシックチャートでは1位も獲得したというこのアルバム。一体、どんな音楽なのでしょうか?

ねこのための音楽
-Music for Cats-

作曲したのは、ワシントン・ナショナル交響楽団などで活躍したチェリスト、デヴィッド・タイ氏。なんでも、動物学の研究者と一緒に、その聴覚を研究しながら曲作りをしたそうです。

彼らが発見したのは、動物の種別ごとに音の好みがある、ということ。また、人間は胎内で聞こえてくる音や生まれたばかりの頃に聞いていた音に安心するのですが、猫は胎内では音を知覚せず、生まれた後にはじめて聴覚が発達するという理論でした。

「Music for Cats」も、この理論をもとに作曲されたもの。子猫がおっぱいを飲むときの音や親猫の声などを楽器で表現し、その音を組み込むことで、猫がリラックスして聴ける音楽に仕上げているのです。

アルバムに収録されているのは、全5曲。

01. ロロの空間 / Lolo's Air
02. ケイティ・モスのキャットウォーク / Katey Moss Catwalk
03. タイガーリリとミミのミャウジカル / Tigerlili And Mimi's Mewsical
04. スクーター・ベレのアリア / Scooter Bere's Aria
05. サイモン・セッズ / Simon Says

ミュージカルならぬ、ミャウジカル。

“ヒト向け”以外の
アルバムでは史上最高位!?

これまで、動物に向けたミュージックランキングがあったかどうかは定かではありませんが、iTunes UKクラシックチャート1位、全英アルバムチャート33位と、驚きのセールスを記録した『Music for Cats』。

kickstarter」でのクラウドファンディングでは、2万ドル(約225万円)の目標資金に対し、なんと10倍以上の24万ドル(約2,700万円)を超える金額が集まりました。

本当に猫の好みを掴めているの?という疑問も湧きますが、実際に聴かせてみたところ、普通の音楽には興味を示さなかった猫のうち、77%がこの曲には好感触を示したそうです。

アルバムを購入した飼い主さんたちのカスタマーレビューを見ると、

「半信半疑だったけど、熱心に聴いていた!」
「うちの猫はリラックスして幸せそうだったよ」
「このCDを買って本当に良かった。飼い猫2匹とも、ソファで満足して聴いていた」

など、なかなか好評の様子。

2月22日「猫の日」
ついに日本上陸

何とも気になるこのアルバム、日本ではユニバーサルミュージックから2017年2月22日の「猫の日」に発売される模様。

Apple MusicSpotifyからも、デジタル配信されています。視聴もできるようです。

ちなみに…。作曲したタイ氏はさぞや愛猫家かと思いきや、じつは猫アレルギー。あくまでも研究として、まじめに動物のための音楽を作曲しているそう。

以前には、猿のためのヘビメタを作曲したという実績も!今後は集まった資金で、水族館にいるクジラや、虐待された犬のための「癒しの音楽」なども作曲していきたいということです。

Licensed material used with permission by UNIVERSAL MUSIC
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
日本のパソコン周辺機器メーカー「I-O DATA」から発売が予定されているスマートフォン用CDレコーダー「CDレコ5」シリーズ。このプレイヤーは、Wi-F...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
なんとなく元気の出る動画見つけました。猫がドミノをするだけなのに、ついつい何度も観てしまう人続出!制作者である飼い主さんの裏話も必見。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
11月20日、レストランやカフェ向けの店内音楽を提供している「PlayNetwork」が、「Apple」と提携して「Apple Music for Bus...
日本にも上陸しているサンフランシスコ生まれのチョコレート専門店「Dandelion Chocolate」が、チョコレートチップの形を再考。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
アメリカで話題をさらい、発売から2週間で完売した「オレオ ミュージックボックス」が日本上陸!
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...