イギリスで大ヒットした「猫のための音楽アルバム」。2月22日、ついに日本へ!

ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウス猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成してしまったようです。

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの大手メディアでも取り上げられ、iTunes UKクラシックチャートでは1位も獲得したというこのアルバム。一体、どんな音楽なのでしょうか?

ねこのための音楽
-Music for Cats-

作曲したのは、ワシントン・ナショナル交響楽団などで活躍したチェリスト、デヴィッド・タイ氏。なんでも、動物学の研究者と一緒に、その聴覚を研究しながら曲作りをしたそうです。

彼らが発見したのは、動物の種別ごとに音の好みがある、ということ。また、人間は胎内で聞こえてくる音や生まれたばかりの頃に聞いていた音に安心するのですが、猫は胎内では音を知覚せず、生まれた後にはじめて聴覚が発達するという理論でした。

「Music for Cats」も、この理論をもとに作曲されたもの。子猫がおっぱいを飲むときの音や親猫の声などを楽器で表現し、その音を組み込むことで、猫がリラックスして聴ける音楽に仕上げているのです。

アルバムに収録されているのは、全5曲。

01. ロロの空間 / Lolo's Air
02. ケイティ・モスのキャットウォーク / Katey Moss Catwalk
03. タイガーリリとミミのミャウジカル / Tigerlili And Mimi's Mewsical
04. スクーター・ベレのアリア / Scooter Bere's Aria
05. サイモン・セッズ / Simon Says

ミュージカルならぬ、ミャウジカル。

“ヒト向け”以外の
アルバムでは史上最高位!?

これまで、動物に向けたミュージックランキングがあったかどうかは定かではありませんが、iTunes UKクラシックチャート1位、全英アルバムチャート33位と、驚きのセールスを記録した『Music for Cats』。

kickstarter」でのクラウドファンディングでは、2万ドル(約225万円)の目標資金に対し、なんと10倍以上の24万ドル(約2,700万円)を超える金額が集まりました。

本当に猫の好みを掴めているの?という疑問も湧きますが、実際に聴かせてみたところ、普通の音楽には興味を示さなかった猫のうち、77%がこの曲には好感触を示したそうです。

アルバムを購入した飼い主さんたちのカスタマーレビューを見ると、

「半信半疑だったけど、熱心に聴いていた!」
「うちの猫はリラックスして幸せそうだったよ」
「このCDを買って本当に良かった。飼い猫2匹とも、ソファで満足して聴いていた」

など、なかなか好評の様子。

2月22日「猫の日」
ついに日本上陸

何とも気になるこのアルバム、日本ではユニバーサルミュージックから2017年2月22日の「猫の日」に発売される模様。

Apple MusicSpotifyからも、デジタル配信されています。視聴もできるようです。

ちなみに…。作曲したタイ氏はさぞや愛猫家かと思いきや、じつは猫アレルギー。あくまでも研究として、まじめに動物のための音楽を作曲しているそう。

以前には、猿のためのヘビメタを作曲したという実績も!今後は集まった資金で、水族館にいるクジラや、虐待された犬のための「癒しの音楽」なども作曲していきたいということです。

Licensed material used with permission by UNIVERSAL MUSIC