大きくて、ふわふわ。イギリス生まれの『Ben's Cookies』ついに日本上陸!

どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなどである。先日も、オーストラリアを旅した友人にねだって、市場の人におすすめしてもらったという『Ben's Cookies』をお土産にもらった。大きくて、ふわふわの食感にやみつきになったファンが世界中にたくさんいる、イギリス生まれのクッキー屋さんだ。

一枚一枚、
ていねいに焼き上げます。

お菓子づくりに慣れていない人でも、はじめてのお菓子づくりにクッキーを作る人は多いだろう。『Ben's Cookies』は、私たちにとって身近なクッキーの、これまでのイメージが変わってしまうほど、とってもスペシャルなクッキーなのである。 まずは、そのふわふわとした、いかにも美味しそうな佇まい。そして、ナッツの重なり具合や、とろりとしたチョコレートがのぞく美しいデザイン。

クリスマスを間近に迎えた12月13日(火)、日本に上陸した『Ben's Cookies』。記念すべき1号店は、東京・自由が丘。イギリスの1号店同様、ガラス張りの厨房を設け、出来立てほやほやの手作りクッキーを提供している。作り手が分かると、一層愛着を持ってそののものと触れ合うことが出来ると思う。一枚一枚、ていねいに焼き上げる光景を目の前で見ていたら、きっと、クッキーをより身近に感じることが出来るだろう。

大切な人にプレゼントしたくなる、
かわいいパッケージ。

イギリスで人気の「ダークチョコレートクッキー」や、マカダミアナッツがごろりと丸ごと入った「ホワイトチョコレート&マカダミアクッキー」など、上質なベルギーのチョコレートをたっぷり使ったレシピが16種類も揃っている。赤い紙のパッケージや、まあるい缶も用意されているので、大切な人を想い浮かべながら、プレゼントするのも良いだろう。モンブランの発祥の地であったり、老舗から話題のお店まで、何かとスイーツに溢れた街である自由が丘という土地と相まって、さらに輝く場所になることだろう。

Licensed material used with permission by Ben’s Cookies, エモト自由が丘
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...