大きくて、ふわふわ。イギリス生まれの『Ben's Cookies』ついに日本上陸!

どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなどである。先日も、オーストラリアを旅した友人にねだって、市場の人におすすめしてもらったという『Ben's Cookies』をお土産にもらった。大きくて、ふわふわの食感にやみつきになったファンが世界中にたくさんいる、イギリス生まれのクッキー屋さんだ。

一枚一枚、
ていねいに焼き上げます。

お菓子づくりに慣れていない人でも、はじめてのお菓子づくりにクッキーを作る人は多いだろう。『Ben's Cookies』は、私たちにとって身近なクッキーの、これまでのイメージが変わってしまうほど、とってもスペシャルなクッキーなのである。 まずは、そのふわふわとした、いかにも美味しそうな佇まい。そして、ナッツの重なり具合や、とろりとしたチョコレートがのぞく美しいデザイン。

クリスマスを間近に迎えた12月13日(火)、日本に上陸した『Ben's Cookies』。記念すべき1号店は、東京・自由が丘。イギリスの1号店同様、ガラス張りの厨房を設け、出来立てほやほやの手作りクッキーを提供している。作り手が分かると、一層愛着を持ってそののものと触れ合うことが出来ると思う。一枚一枚、ていねいに焼き上げる光景を目の前で見ていたら、きっと、クッキーをより身近に感じることが出来るだろう。

大切な人にプレゼントしたくなる、
かわいいパッケージ。

イギリスで人気の「ダークチョコレートクッキー」や、マカダミアナッツがごろりと丸ごと入った「ホワイトチョコレート&マカダミアクッキー」など、上質なベルギーのチョコレートをたっぷり使ったレシピが16種類も揃っている。赤い紙のパッケージや、まあるい缶も用意されているので、大切な人を想い浮かべながら、プレゼントするのも良いだろう。モンブランの発祥の地であったり、老舗から話題のお店まで、何かとスイーツに溢れた街である自由が丘という土地と相まって、さらに輝く場所になることだろう。

Licensed material used with permission by Ben’s Cookies, エモト自由が丘
他の記事を見る
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。