世界一のチョコレートケーキってどんな味なの?ブボ バルセロナ、2/4表参道にオープン!

スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタインデー間近の2月4日。“世界一のチョコレートケーキ”を、好きなときにいつでも食べられるなんて、そんな夢みたいなことがついに現実になってしまう。

ひと口ごとに味わいを楽しめる、
夢のようなチョコレートケーキ

bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』の代表作であり、2005年のパティシエの世界大会で優勝したチョコレートケーキ「Xabina(シャビーナ)」。スペインオムレツのようなスポンジ生地と、底に敷いたオリーブオイルケーキ生地をチョコレートでコーティングし、素材に閉じ込められたバニラシロップやシナモン、グローブなどが優雅な風味を生み出している。上には、桃色のマカロンが。ひと口ごとに異なる、複雑で奥深い味わいや食感を楽しめる。

全種類食べたい!
カラフルなフレーバー

定番のボンボンショコラには、トマトゼリーとプラリネを使った「パンコントマテ」が登場。そのほか、「ピスタチオ」や「レモン&バジル」など全12種の個性豊かなフレーバーが用意されている。パッケージは日本での発売を機にデザインされた新作。

サプライズの
仕掛けチョコレート

バレンタイン一押しは「ブレイクマイハート」。真っ赤なダークチョコレートのハートを付属のハンマーで割ると、中から小さなハートボンボンが現れるという、仕掛けチョコレート。味わいは、マカダミア、ブラウニー、ポップロックの3種類。(サロン・ドゥ・ショコラ限定商品)

食べるのがもったいない!
かわいいロリポップ

真紅のハート型をしたロリポップ。ハート型にくり貫いたギモーヴ(マシュマロに似たフランス菓子)を、ホワイトチョコレートでコーティングしている。シュワッと広がるギモーヴの口どけと、濃厚なホワイトチョコレートの味わいが楽しめる。

バルセロナという街で、日本にあるような、美しさと美味しさが一体化したような、宝石のようなケーキを見つけるのは、なかなか至難の技である。いくら名の知られた店であっても、繊細で美味しいケーキには、なかなかお目にかかれないもの。そのなかで、『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』は、侘び寂びを思わせるシンプルで最小限の飾りと、美しい色合いで、日本のものづくりに通ずるところを感じる。手を付けるのが惜しくなるほど美しい佇まいは、食べる前にじっくり眺めて、よく味わっていただこう。

Licensed material used with permission by ブボ バルセロナ
他の記事を見る
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
目が覚めるほど鮮烈なカフェイン入りのチョコレートです。エネルギーチョコレートと呼ばれることも。ビターなテイストの赤缶がオリジナルですが、甘めが好みならミル...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...