「日本のチーズケーキの父」の味を受け継ぐお店

チーズケーキの本場・ヨーロッパのレシピを日本人好みにアレンジして、広く世の中に普及させたパティシエが長崎にいました。そのレシピは今も代々変わらず受け継がれ、この街のなくてはならない味となっています。

「チーズケーキの父」が
開いた長崎の老舗洋菓子店

5438486702194688
© 2018 Akihiro Fujimoto

長崎県島原半島、雲仙岳のふもと近くにある洋菓子店『ガトーフリアン』。季節の素材を使ったケーキを中心に、多彩な洋菓子を揃えており、顔なじみの常連客が次々に立ち寄ります。

お店の一番人気はチーズケーキ。オーナーである中村信次さんは“日本のチーズケーキの父”と呼ばれており、かつて日本中にこのチーズケーキのレシピを広めた方なのだそうです。

約50年前、東京でパティシエをしていた中村さんは、有名ホテルのドイツ人シェフと協力して、日本人の口に合うチーズケーキを開発。そのレシピを日本洋菓子協会の講師として全国に広めたことが、チーズケーキが普及するきっかけになったといわれているのです。

二代目が受け継いだ
レシピとおもてなし

4647247962701824
© 2018 Akihiro Fujimoto

日本人好みに考案されたチーズケーキは、フォークを入れるとほろほろっと崩れるベイクドタイプ。フランス産のクリームチーズを使用しており、しっとり滑らかな食感とほのかな酸味が特徴です。甘さ控え目でチーズの香りが際立ち、あっさりと食べやすいので辛党でもおいしくいただけます。

現在お店に立っているのは、二代目のご主人・中村真幸さん。先代が東京から帰郷して開いた『ガトーフリアン』で、そのレシピと味を大切に受け継いでいます。

5636121232932864
© 2018 Akihiro Fujimoto

『ガトーフリアン』には本格的な喫茶スペースもあり、淹れたての自家焙煎コーヒーとケーキをその場で楽しむことができます。もともと信次さんが東京で働いていた店舗に喫茶スペースがあったそうで、地元でも憩いの場を作りたくて設けたそう。

「喫茶目的で足を運ぶ常連もいますし、コーヒーだけ飲んで帰られる方もいますよ。とにかく、来てくださった方にゆっくりしてもらいたいんです」と笑う真幸さん。

チーズケーキだけではなく、気さくで明るいもてなしも、このお店が支持される大きな理由のひとつなのです。

『ガトーフリアン』

住所/長崎県南島原市深江町丙1926-17

電話/0957-72-3009

営業時間/10:00〜19:30

定休日/水曜休

http://www.shimabara.jp/gateau-friand/

Top image: © 2018 Akihiro Fujimoto
長崎県の南東部にある島原半島。その中心街である島原市の駅裏に店を構える「島原むすびす」は、地元で採れた季節の食材を使った手作りおむすびが自慢の専門店。
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
異国文化の窓口として400年以上の歴史をもつ長崎から、日本伝統の「ふんどし」の魅力を発信するお店『TeRAYA』にお邪魔しました。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
2014年にオープンしてから、ずっと変わらずに"月に1回しか営業しない"というスタイルばかり注目されている。なぜこのスタイルに行き着いたのか?チーズに込め...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
ロシアやポーランドに隣接する国ベラルーシ。冬場の平均気温はマイナス5度以下という寒さの厳しい気候条件だからこそ、ミルクの脂肪分をたっぷり摂取することができ...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?