セレクトショップも登場!「ふんどし」の魅力

日本で古くから親しまれてきた、ふんどし。今ではすっかり西洋の下着にその人気の座を奪われ......と思いきや、近年、大手百貨店などで特設の販売ブースが設けられるなど、今、再びその存在に注目が集まっています。

異国文化の窓口として400年以上の歴史をもつ長崎から、日本伝統のふんどしの魅力を発信するお店にお邪魔しました。

人生を変えたふんどしとの出会い

5367560954445824
© 2018 Akihiro Fujimoto

わずか30年ほどまえまでは外国人居留地だった、長崎市の大浦地区。この街には、全国でも珍しいふんどし専門店があります。

『TeRAYA』の店主・かのこゆりさんは、ふんどしの熱烈な愛用者。

もともとは一般的な下着を使っていたそうですが、ふんどしを試して2日目にはゴムを使った下着に戻れないほどの魅力を感じたそう。

「ふんどしに慣れると、ゴムの締め付けがきつくて......。実際、個人的な感想ではあるんですが、ふんどしにしてから体調もよく、足のむくみもなくなったんです」

その後、ふんどしを売っているお店を探すもなかなか見つけられず、ついには自ら“ふんどしセレクトショップ”をオープンさせることになりました。

健康的な毎日はふんどしから?

4984899769466880
© 2018 Akihiro Fujimoto

ふんどしの大きな魅力のひとつが、紐で自分の体に合った締め付け方ができるという点。ゴムだといくら緩くても、つねに体に圧がかかることになり、リンパや血流に影響する。しかし、紐なら適度に余裕をもたせることができ、さらにゴムの跡もつきません。

また、敏感肌の人もゴムによる肌荒れの心配がなく、天然素材でできたふんどしは着け心地も抜群。「一度ふんどしを試したら最後、その虜になる人が多いですよ(笑)」と、かのこさん。

普段は一般的な下着を使用し、快適な睡眠のため、就寝時にのみふんどしをつける人もいるそうです。

6457348776263680
© 2018 Akihiro Fujimoto

このお店には「ふんどしといえば赤や白の単色」というイメージを覆すカラフルなふんどしがズラリ。まるでネクタイのようにオシャレなデザインが揃っているのも魅力で、幅広い年齢の人たちに“ちょっぴり変わったプレゼント”としても喜ばれているそうです。

長崎で静かに沸き起こる
ふんどしブーム

6502619073740800
© 2018 Akihiro Fujimoto

店名である『TeRAYA』の「テラ」は、ラテン語で“地球”や“大地”という意味で「大地に両足をつけたまま履くことができるのは、ふんどしだけ」という理由で名付けたとのこと。

古来から新しい文化の発信地として知られる長崎から、アンダーウェアの新しい潮流が生まれています。

『TeRAYA』

住所/長崎県長崎市大浦町5-38 藤川ビル 1F

電話/095-895-8342

営業時間/11:00〜18:00

定休日/水曜休(その他不定休あり)

http://www.teraya-fundosi.com

Top image: © 2018 Akihiro Fujimoto
長崎県の南東部にある島原半島。その中心街である島原市の駅裏に店を構える「島原むすびす」は、地元で採れた季節の食材を使った手作りおむすびが自慢の専門店。
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
20代の頃に3ヶ月だけオーストラリア人と付き合ったことがあるんだけど、「ふんどしふんどし」うるさかったことをよく覚えてる。たしか、お祭りのドキュメンタリー...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
今年7月、渋谷・100BANCHのオープニングパーティーで出会った「ふんどし部」。迫りくる筋肉隆々のふんどし男に怯えながらも、彼らが何を目指しているのか気...
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...