おいしくて環境にも優しい「エシカルチーズケーキ」が発売

食品ロス対策SDGsへの取り組みの一環として、自社食品工場で発生する製造ロス(端材、はじっこ)を活用した商品「Hazico(ハジコ)シリーズ」を開発してきた「ぶどうの木」が、貴重な素材の廃棄部分から生まれるエシカルなチーズケーキを発売した。

使用される素材の一つ目は、日本の乳製品で初めての「有機JAS認証」を取得した「セタナ・オーガニック」「国産有機フロマージュブラン」。バターを作る際の副産物で、これまで廃棄されるだけだった乳清(ホエイ)が原料だ。

もう一つの素材は「金沢ゆず」の果皮。できるかぎり農薬は使わず、除草剤化学肥料一切不使用。土地や栽培への研究を重ねながら手間暇かけて丁寧に作った「多田農園」の柚子は、青果のほか一部は搾汁して果汁として出荷されている。これまで果汁を絞った後の果皮は廃棄されていたが、今回はそれをコンポートに。

いずれも、農家が自然と向き合い、心と力を尽くして生まれた貴重希少な農産物の一部であり、価値を持ちながらも端材(副産物)として利用されずに廃棄されてしまうものだった。

それらを無駄なく使いながら、奇跡のマリアージュを楽しめる「チーズケーキHazico」は、しっとり滑らかな食感に仕上がっているとのこと。

そのおいしさもかなり期待ができそうだ。

©2020 株式会社ぶどうの木
©2020 株式会社ぶどうの木

ぶどうの木』

【公式オンラインショップ】https://www.budoo.co.jp/journal/archives/50.html

Top image: © 2020 株式会社ぶどうの木
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
「BOTANIST」は、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いか...
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
小さな傷や少々整っていない形状から商品化されないフルーツをパウチしたナチュラルフローズンスムージー「PONO」が話題。手軽においしく社会貢献。
かつて著名人のヘアメイキャップアーティストであった小澤高志氏が銀座のバーで日曜日だけ間借りしてスタートさせた小さなケーキ屋「ミラーケーキストア」。グルテン...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。