おいしくて環境にも優しい「エシカルチーズケーキ」が発売

食品ロス対策SDGsへの取り組みの一環として、自社食品工場で発生する製造ロス(端材、はじっこ)を活用した商品「Hazico(ハジコ)シリーズ」を開発してきた「ぶどうの木」が、貴重な素材の廃棄部分から生まれるエシカルなチーズケーキを発売した。

使用される素材の一つ目は、日本の乳製品で初めての「有機JAS認証」を取得した「セタナ・オーガニック」「国産有機フロマージュブラン」。バターを作る際の副産物で、これまで廃棄されるだけだった乳清(ホエイ)が原料だ。

もう一つの素材は「金沢ゆず」の果皮。できるかぎり農薬は使わず、除草剤化学肥料一切不使用。土地や栽培への研究を重ねながら手間暇かけて丁寧に作った「多田農園」の柚子は、青果のほか一部は搾汁して果汁として出荷されている。これまで果汁を絞った後の果皮は廃棄されていたが、今回はそれをコンポートに。

いずれも、農家が自然と向き合い、心と力を尽くして生まれた貴重希少な農産物の一部であり、価値を持ちながらも端材(副産物)として利用されずに廃棄されてしまうものだった。

それらを無駄なく使いながら、奇跡のマリアージュを楽しめる「チーズケーキHazico」は、しっとり滑らかな食感に仕上がっているとのこと。

そのおいしさもかなり期待ができそうだ。

©2020 株式会社ぶどうの木
©2020 株式会社ぶどうの木

ぶどうの木』

【公式オンラインショップ】https://www.budoo.co.jp/journal/archives/50.html

Top image: © 2020 株式会社ぶどうの木
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
体にも優しくおいしい「ヴィーガンスイーツ」の中から、お取り寄せできるお店のものを6つ紹介。環境保全やサステイナブルの観点、健康への意識などから、「ヴィーガ...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を実施している背もたれ「minicute」は、人間工学に基づいた設計で、理想的な姿勢を維持してくれる。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...