「もったいない」食品が並ぶサステイナブルイベント開催!

バレンタイン用などに作られたスイーツの余剰や、コロナ禍で行き先を失った食品チョコレートの未利用製菓材料で作ったサステイナブルなチョコレートなど、「もったいない」食品が、3月24日から29日まで、横浜そごう店の店頭に並ぶという。

これは、同店で開催されるSDGsイベント「世界を変えていく、私のチョイス」の中で催される、食品ロス削減を目指す通販サイト「ロスゼロ」とのコラボレーションによる企画。

約5,500億円と非常に大きな日本のチョコレート市場の中で、製品にならないまま廃棄されてしまう製菓材料の余剰や、バレンタイン後の余剰が確実に発生しているのが現状。ロスゼロでは、そんな「廃棄されてしまう高級輸入チョコレートの製菓材料」を使って、サステイナブルなチョコレート「Re:You(りゆう)」を開発している。今回のイベントでは、新作の味も登場するという。

また、今回ロスゼロのブースでは、「ロスになった理由」を食品と合わせて明記し、消費者に丁寧に説明。取り扱いブランドのイメージ棄損を避けつつ、イベントの社会的意義やコンセプトを明確に打ち出していくとのことだ。

横浜そごう店では、同期間、全館をあげてSDGsイベントが行われる。

意志のある選択をしたい人も、単純に写真のチョコレートが「美味しそうだな」と思った人も、一度足を運んでみる価値がありそうだ。

©株式会社ビューティフルスマイル
©株式会社ビューティフルスマイル

ロスゼロ

【公式サイト】https://www.losszero.jp/

Top image: © 株式会社ビューティフルスマイル
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事