食品が5倍も長持ち!オランダ発の「真空パック機」でスタイリッシュにフードロス撲滅!

フードロスゼロにつながる、オランダ発の次世代型真空パック機「Vacuvita(バキュビータ)」が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にてプロジェクト実施中。

世界では1家族あたり年間約17万円分ものフードロスがあるといわれ、日本では1年間で646万トンもの食料が捨てられているそうだ。

このついつい起きてしまう食品ロスを各家庭で軽減できるのが同アイテム。一般的な真空パック機と違い、この「Vacuvita」自体がワンタッチで真空のコンテナになるまったく新しい「真空保存庫」だ。付属のコンテナや保存バッグでシーリングの必要がなく、タッパーのような感覚で使用できて、食品が5倍も長持ちするという。

ここ数年注目されている真空低温調理や漬け込み料理など、時短調理器具としても活躍。また、カメラアクセサリーをどんな防湿庫よりも真空になることでカビから守る保管ボックスとしての利用方法なども!

オランダ発のスタイリッシュなデザインの真空パック機で、食材や大切なアイテムと“より長いお付き合い”を図ってはいかがだろう。

©ティプロ
©ティプロ
©ティプロ
© Vacuvita Japan バキュビータジャパン / Youtube

『次世代型真空パック機「Vacuvita」』
【CAMPFIREプロジェクトページ】
https://camp-fire.jp/projects/view/271190

Reference: 環境省資料
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...