5秒の手間をかけるだけ!食べ物を長持ちさせる「フタ」

2月24日にクラウドファンディングサイト「Kickstater」にて、目標額を超える支援金を集めてキャンペーンを終了した「Equilibric」というメーカーの「Freshy!」。ほぼ全ての容器に使えるフタで、特筆すべきは食べ物を長持ちさせられることだ。

仕組みは複雑……なんてことはなく、とてもシンプル。いつも使っているボウルなどに「Freshy!」をかぶせるだけ。あとは、専用デバイスで約5秒間の空気抜きをすればいい。

すると、バクテリアの繁殖や酸化を遅らせることができて、食べ物が腐りにくくなるようだ。

背景にあるのはフードロス。「Equilibric」が拠点とするアメリカで、膨大な量(毎日15万トン)の食品が捨てられていることから、「Freshy!」を開発したとのこと。規模は違えど同じ問題を抱える日本でも、ぜひ販売してほしいアイテムのひとつとなるだろう。

Top image: © Equilibric
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
食品ロスをゼロにつながる、オランダ発の次世代型真空パック機「Vacuvita 」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にてプロジェクト実施中。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。