捨てられるはずだった
食材がご馳走に!
映画『もったいないキッチン』

こんにちは。4月に中学1年生になった坂口くり果です。

将来の夢は、世界のいろいろな問題を知って多くの人にそれを伝え、どうすれば解決できるかを考えて実行し、世界中の人たちを笑顔にし世界を平和にすることです。

いきなりこんなことを書いてしまいましたが、この記事ではある映画作品についてお伝えするのが本題です。出演者たちが楽しく食事をしながら、社会問題について考える、そんな映画なんです。

その前に、少し自己紹介させてください。

私は、小学校4年生のときから、国内外で支援活動をおこなうNPO団体フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもメンバーとして、いろいろな活動をしています。

©2018 Sakaguchi

なんで興味を持つようになったかというと、幼稚園で杉原千畝さんの伝記を何度も借りて読んだこと、動物園で見た白熊たちが地球温暖化(当時はこの言葉自体知らなかったのですが)の影響を受けていると知り、世界で起きていることに関心を持つようになったからです。

最近は、ドキュメンタリー映画が好きでたくさん観ています。きっかけは『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』という映画でした。

軍隊を廃止して軍事予算を社会福祉に充てたことにより、国民がより幸せを感じられるようになった素晴らしい国があることを知りました。そして、世界の現状を映画から知ることができるんだ!と、とても興味深くなったのです。

この映画の配給会社ユナイテッドピープル代表の関根健次さんは、「平和」をテーマにしたいろいろなドキュメンタリー映画を配給しています。

映画によって異なる国がテーマとなっていて、毎回新しい発見があります。人によって考え方も違えば、表現する方法も違います。だから、私はいつもそれぞれの映画から世界を平和にするためのヒントと勇気をもらっています。

時には、人々が銃殺されたりお金のために子どもが自分の親に売られるなど痛々しい場面もでてきて……同じ地球上で起きていることだとは到底思えないくらいショックを受けることもあります。でも、今まで観てきたドキュメンタリー映画は全て私の宝物です。

その中でも印象に残っているうちのひとつが『0円キッチンという作品。

「フードロス」がテーマ
なのに……なんだか楽しそう!

©Mischief Films

『0円キッチン』は、フードロス(食料廃棄)という根深い社会問題をテーマにした映画。ですが、深刻な問題を重い気持ちではなく、明るい気持ちで受け止めることができる素敵なストーリーでした。

見終わった後、いろいろ考えさせられることはありましたが、なぜか幸せな気持ちになり、元気になる不思議な映画でもありました。

それは、この映画の監督で出演者でもあるダ―ヴィドさんが、フードロスという問題をポジティブに楽しく解決しようとしているからだと思います。

では、どのように楽しんでいるのか?

©Mischief Films

例えば、ダーヴィドさんは、自分を「ゴミ箱ダイバー」と呼んでいます。その名の通り、映画の中で、スーパーにある大きいゴミ箱に入って、まだ食べられるのに捨てられている食材を取り出すシーンがあるのです。

ゴミ箱から食べ物を取り出すことも「救出」と言っていて、思わずプッと吹き出してしまいます。そして、映画の中で「救出」した食材を調理して、みんなで楽しくいただくのです。

©Mischief Films

とてもポジティブでユーモアのある素敵な考えだと思いませんか?食べている人は楽しそうで、みんな笑顔で、映画を観ている私も楽しくなりました!「社会問題=暗い」のではないということが本当によくわかる映画です。

また、この映画は、動物の「命」を調理するときも捨てる部分などないと教えてくれます。

例えば、映画の中で、自分たちで豚を育てて調理するオランダのレストランがでてくるのですが、脂肪のかたまりを風車を回すための油として使ったり、頭の部分をパテにしたりします。シェフも、「すべての部分を使い切るんだ」と言っていました。

正論を掲げて、堅苦しいことをひたすらやっていても、誰も興味を持ってくれません。でも、ユーモアのあるポジティブな考えは、人を笑顔にして興味を持ってもらうきっかけになるのだと思いました。観たら自然と笑顔になれる『0円キッチン』は、「食べ物が教えてくれる平和」の映画だと思っています。

アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できているだろうか?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらい...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...